日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 気持ちは五郎丸選手! OBを防ぐ魔法のルーティン  > 3ページ目
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

気持ちは五郎丸選手! OBを防ぐ魔法のルーティン

第20回…ルーティンは、端折っても加えてもダメ!

 池田 悟=日経Gooday

練習場でもコースと同じルーティンをして1球ずつ打つ

 緊張で体が動かない、気持ちが高ぶって力が抜けない…といった経験は、どんなゴルファーにもあるだろう。そうした中でルーティンを取り入れると、いわば「心と体のリセット術」としての役割を果たしてくれる。先の五郎丸選手のエピソードではないが、記者のドライバーショットが安定してきたこととも無縁ではなさそうだ。

 「ルーティンを行う度に違う動作を加えたり、省いたりしていては、本来の役割は果たしません。つまり、本コースに来てから身に付けるものではない。すると、ルーティンは練習によって身に付けることが大切なのですが、練習場にも問題はある。今の練習場は、ボールが床下などから自動で出てくる『オートティーアップ』の施設が多いために、ルーティンもせずに機械的にボールを打ち続ける人がほとんどです。私は練習場に特製のゴムティーを持って行き、コースと同じルーティンを取り入れて1球ずつ打ちます。こうした些細なことに取り組むだけでも、実践に結びつく要素はいくらでもあるのです」(山口先生)

ルーティンの大半は“しつこい”ぐらいの基本の確認作業

 ご参考までに、記者がドライバーでティーショットを打つときのルーティンは以下の手順だ。

1 ティーグラウンドの後ろに立ち、コース全体を見渡し、狙い場所を決める。

フェアウェイ、ラフの広さはどうなっているか。ハザードまでの距離など、目視で得られる情報を確認する。


2 ティーグラウンドの「傾斜」を確認し、できるだけ平らな場所を探す。

よく観察すると、地盤の沈下や水勾配によって、左足やつま先の上がり下がりになっていることが多い。少し後ろに下がるだけで平坦なところにティーアップできることがある。また、ティーグラウンド全体がわざとOB方向に向いていることも少なくない。


3 ボールを打ち出す先の目標物とスパットを見つけて飛球線を引き、ティーアップする。

「狙い先」の奥に目標物を作り、「スパット」まで真っ直ぐに飛球線をイメージして引き、その延長線上にティーアップする。ティーの先30㎝ほどに落ち葉やディボット跡などを見つけてスパットにする。小技ではあるが、ボールに記されたブランドマークなどを飛球線に沿ってセッティングしておけば、「マークに沿って打ち出せばいい!」との心理的な安心材料にもなる。サインペンなどを使ってボールにラインや印をつけるゴルファーもいる。


4 両脚を揃えてボールの前に立ち、背すじを真っ直ぐ伸ばし、クラブのヘッドをボールの右側に合わせる。

飛球線に対して、両肩、両足先を結んだラインがそれぞれ平行か、クラブのフェイスは直角になっているかを確認する。


5 左右の順に足を開き、左手、右手の順にグリップを握る。腰を入れて前傾姿勢で構える。

グリップを握る場所がいつも同じになるように注意する。記者の場合、左手の親指をグリップに記された「YAMAHA」のロゴと真っ直ぐつながるようにしている。


6 上体、腕、クラブの動きを同調させながらワッグルを3回行う。

 力を抜くように意識して、ワッグルを少しずつ大きくしながら3回行う。終わったら息をゆっくり吸いながら、ゆったりとバックスイングに入る。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.