日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 気持ちは五郎丸選手! OBを防ぐ魔法のルーティン  > 2ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

気持ちは五郎丸選手! OBを防ぐ魔法のルーティン

第20回…ルーティンは、端折っても加えてもダメ!

 池田 悟=日経Gooday

ドライバーのOBがなくなった要因は「ルーティン」の見直し

 しかし最近、プライベートでのラウンドにおいては、ドライバーでOBを打つことはなくなった。緊張を強いられるような場面でも、平常心でドライバーを振れるようになっている。その要因は、次に挙げる3つがかみ合ってきたからではないかと自己分析している。

ドライバーで安定したショットを目指して、ルーティンを改めて見直した。自分のリズムにあったパターンを見つけて、毎ホール、同じ作業を繰り返す。普段の練習から、試行錯誤を続けた。
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは、狙った場所に絶対打つという「意志」を持つこと。次に、目標物を見つけてボールまでの飛球線を引く際に目印にする「スパット」(参照記事:「ボウリングの基本技術でアドレスを見直す」)を設定すること。これら2つの基本については、この連載で指導を仰いでいるゴルフ作家の山口信吾先生からも常々「絶対、あそこに打つという強い意志を持ちましょう」「スパットに集中してください」との助言を受けてきた。しかし、意識して取り組んではいたものの、それだけではショットが今一つ安定しなかったという経緯がある。

 そして最後にたどり着いたのが、「ルーティン」をしっかり見直すことだった。自分のスイングのリズムや感覚に合うように、素振りの目的や回数、ボールの前で両足を揃えて構えたときに、左と右のどちらの足から開いてスタンスを決めるか…。そんな細かいことまで意識しながら、自分にしっくりくるルーティンを探し続けた。

上級者は必ずボールの後ろに立ってからルーティンを始めている

 ラグビーのワールドカップにおいて、日本代表の五郎丸歩選手がプレースキックの前に必ず行って話題になったあの「謎の儀式」も、ルーティンである。五郎丸選手はキックするまでに、「右の手のひらを体の中心に向けて揺らす」「ポーズを取る」…といったいくつかの動作からなるルーティンを取り入れている。こうしてキック成功率80%以上という、ラグビー界では驚異の数字を保ち続けている。

 多くのゴルファーたちも同様に、様々なルーティンを意識の有り無しにかかわらずスイングに入るまでに行っている。ボールの前で構えてからクラブを何回かワッグル(体幹や肩、腕、手首などを動かしながらヘッドを軽く動かすこと)したり、クラブヘッドを剣先のように目標物に向けてから構えに入ったり。その方法はどれも個性的だが、上級者ゴルファーたちを観察して気づくことは、「必ずボールの後ろに立ち、狙う場所を決めることからルーティンを始めている」ことだ。

 「スポーツにおけるルーティンは、心と体を平静に整えることを目的にしています。ゴルフにおいては、どんな状況下にあっても『不安』や『邪念』といったことを振り払うことにもつながります。言うなれば、いつも通りの自分になるための儀式です」(山口先生)

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.