日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > リスク回避の3つの決め事で「ハーフ39」の奇跡!  > 4ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

リスク回避の3つの決め事で「ハーフ39」の奇跡!

第19回 ゴルフの女神が降臨? 「ミスのドミノ倒し」をこう防いだ

 池田 悟=日経Gooday

自分に基準を設け『攻める』『守る』を判断していく

 ここまで紹介した内容は、単なる決め事で、適切な判断で攻守を柔軟に切り替える「コースマネジメント」からは程遠いかもしれない。それを象徴するかのように、午前中の好スコアで気が緩んだせいか、午後は「3つの決め事」などどこへやら…。後半は、前半とは打って変わりダボ、ボギー、ダボが続き、10打も余計に叩いてしまう有様。

 でも、結果が出ればやっぱりうれしい。早速、ラウンドを振り返った後に、「90切り」をした報告を、いの一番に師匠である山口先生に報告した。

山口先生 「それはそれは嬉しい知らせですね。早くも88とは素晴らしいです! コースマネジメントを意識したとのことですが、実は多くのゴルファーが場当たり的にプレーをして、ただでさえ難しいゴルフをかえって難しくしているように見受けられます。ゴルフも将棋と同じように、次の一手、その次の一手、そのまた次の一手と、先を読みながら『悪手』を避け『最善手』を見つけることが面白さであり、醍醐味でもあると私は考えています。ちなみに、私は、いつもショットに入る前に、3つの作戦を立てて臨みます」

記者 「やっぱり私と同じ3つなのですね」

ピンを狙うばかりがマネジメントではない。特にグリーンの面が見えないようなライから無理に狙って、ガードバンカーや奥にある深いラフに…という経験は誰しもがあるだろう。(写真は西宮高原ゴルフ倶楽部)
[画像のクリックで拡大表示]

山口先生 「内容は随分違います(笑)。私の場合は、残りの距離やグリーン周りやピンの位置などの状況に応じて、真っ向からピンを狙う『バーディ作戦』、花道などの安全なところを狙って打ち、次のアプローチでぴったり寄せてパーを拾う『パー作戦』、得意な距離を残して刻んで悪くてもボギーを確保する『ボギー作戦』の、どれかを選ぶようにしています。多くの人が、状況を考えずに自動的に残りの距離に応じたクラブを選んで打ち、深いバンカーや池、ライの悪いところへ打ち込んで大叩きをしています。状況に応じて自分の技量に見合った作戦を立てることが重要です。私が『バーディ作戦』を選ぶのは150ヤード以下で、難しいハザードが待ち受けていないときです。150ヤードを超えれば、即、『パー作戦』か『ボギー作戦』に切り替えます」

記者 「先生の場合は、1打ごとに状況判断をしながら、臨機応変に作戦を変えていくのですね」

山口先生 「コースマネジメントとはまさに『敵(コース・状況)を知り、己(技量)を知る』ことだと思っています。先にご紹介した『パー作戦』では、カップに寄せやすいところから前向きな気持ちでアプローチを打てるので“寄せワン(アプローチショットを1パットで決めやすい位置につけること)率”が高いのです。もしも、『バーディ作戦』でグリーンを外せば、ライが悪いところから、『あー、失敗した』という後ろ向きの気持ちでアプローチを打つことになる。そんなときには寄せワンなど望みようもありません」

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.