日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > リスク回避の3つの決め事で「ハーフ39」の奇跡!  > 3ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

リスク回避の3つの決め事で「ハーフ39」の奇跡!

第19回 ゴルフの女神が降臨? 「ミスのドミノ倒し」をこう防いだ

 池田 悟=日経Gooday

 もしも、想定していた距離よりも飛んでいれば“ラッキー!”で、2打目の選択肢がまた1つ増やせると考える。しかし、想定より飛んでいなかった場合は、「ミスを重ねやすいから次打は注意」と警戒をする。これは実際に、山口先生と一緒に撮影でラウンドしているときのアドバイスにもあった。

 「ゴルファーがミスしたときの心理は、決まって『距離損を取り戻そう』とすることです。するとこれが面白いことに、また無理をしてミスショットを重ねてしまう。こうした“負の連鎖”に陥らないことが何より大切です。例えば、林に打ち込んだり、深いラフやバンカーに入ったりしたら、まずはしっかりフェアウェイに戻すこと。ゴルフの基本中の基本です」(山口先生)

密集したラフからは「フェアウェイウッド禁止」にした

 もちろん、ゴルフにトラブルやミスショットはつきもの。快心のティーショットで250ヤードを超すビッグドライブを放ったとしても、2打目のライが「傾斜地の深いラフ」「ディボット跡(芝が削れたところ)」「樹木がスタイミー(飛球線上に障害物があること)」といった状況はよくあることだ。記者も過去のラウンドで、目の前の木がスタイミーな状況でフルショットしたら、ボールが見事に当たり、80ヤード近く後ろに跳ね返された経験もある(関連記事:『痛恨! 再挑戦の1人ラウンドも「120」の大叩き』)。

写真にあるような、「つま先下がり」「深いラフ」といった難しいライから飛距離を稼ごうとしたり、ピンを狙ったりすると、これまでの経験から記者は大概ミスになった。こうした状況では、フェアウェイに戻すことを実践した。(写真は西宮高原ゴルフ倶楽部)
[画像のクリックで拡大表示]

 よくあるトラブルのケースは、「ラフにつかまった」という状況だろう。そこで、心がけたのが2つ目の決め事である「ミスをする確率が高いショット・クラブは選ばない」ことだ。

 記者の場合、ボールが半分まで隠れるような密集したラフからは「フェアウェイウッド禁止」にした。パー5、もしくは400ヤードを超えるような長いパー4の2打目では、どうしても距離を稼ぎたくなるもの。だが、深いラフにつかまっている状況からでは、フェイスがボールとの間にある芝に喰われてミスショットになりやすいことは、過去のラウンドを振り返れば明らかだったのだ。そこで先の山口先生の助言にもあったように、「とにかくフェアウェイに戻す」ことを心がけ、深いラフでは8、9番アイアン、PWから選び、“負の連鎖”に陥らないように努めた。

「ピンの手前から攻める。グリーンに届かず…は許す」

 もちろん、どんなに心がけを実行したとしても、結果的にはミスショットは出てしまうものだ。そのミスを無理して取り返そうとすると、ホールの最終舞台であるグリーン周りで悲劇に見舞われることになる。

 そこで3つ目に掲げた決め事が、「ピンの手前から攻める。グリーンに届かず…は許す」なのである。

 無理を承知でピンをデッドに狙って打とうとすると、無意識に1番手大きいクラブを選んだり、力んだままマン振りのフルショットをしたりしがちだ。するとそんなときに限って、トップやダフリ、あるいは芯を喰ってグリーンオーバー…という結果になる。そこでグリーンの手前に狙いを定めてショットに入る。ライによっては番手を下げる。番手が1つ小さければ、万が一、ひどいトップをしてもグリーン奥まで突き抜けることはない。上手くグリーンに乗れば「ラッキー!」と思い、ショートしたとしても「たくさん練習してきたアプローチを試す機会だ!」と気持ちを切り替える。

 こうして前半9ホールを終えた時点で、1バーディ、4パー、4ボギー…の39という結果となったのだ。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.