日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > リスク回避の3つの決め事で「ハーフ39」の奇跡!  > 2ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

リスク回避の3つの決め事で「ハーフ39」の奇跡!

第19回 ゴルフの女神が降臨? 「ミスのドミノ倒し」をこう防いだ

 池田 悟=日経Gooday

 しかし…である。いまだに達成した実感を伴わない90切りに加えて、ハーフ39という未曾有!?の出来事が、記者に与えてくれたヒントは数知れない。前号でも予告したように、今回は「コースマネジメント」というキーワードとともに、プライベートでラウンドしたときに記者が実践したことについてご紹介したいと思う。

 果たして、これから綴ることが「正解なのか」「偶然だった」のかは見当もつかない。恐らく、中上級者ならば当然のことなのかもしれないが、もしもそうであるとしたら、この先「もっと上達したい」「スコアアップにつなげたい」というゴルファーにとっては、意外と役立つことなのかもしれない。

リスク回避のための決め事を徹底してみた

午後からのハーフは、午前中の決め事もどこへやら…。気の緩みによってあっという間に、2打、3打とミスを重ねてしまうことに。(写真は西宮高原ゴルフ倶楽部)
[画像のクリックで拡大表示]

 当日のラウンドは、ドライバーでのティーショットが好調だったことに加えて、「コースマネジメント」という言葉をより意識したことが好結果につながったと自己分析している(後半は防戦一方で、危うく50台に突入するところだったが…)。

 コースマネジメントとひと口に言っても、この連載でゴルフの指導をして頂いている山口信吾先生のような、攻守を自在に使い分けるシングルプレーヤーの領域には、到底及ばない。とはいえ、腕に覚えがなく経験も乏しい記者が、スコアアップを目指すとすれば、下手は下手なりに考えてプレーするしかない。そこで、当日は、リスク回避のための3つの決め事を徹底してみたのだ。

  • 1つ目
    ティーグラウンドでヤーデージ(距離表示)を見て、ピンまでの距離を自分の飛距離に合わせて『足し算』する」こと。
  • 2つ目
    ライに応じてミスする確率が高いショット・クラブは選ばない」こと。
  • 3つ目
    ピンの手前から攻める。グリーンに届かず…は許す」こと。

 たったこれだけである。こう決めた理由は、自分がスコアを崩す最大の原因と考えられた、「ミスのドミノ倒し」を防ぐことにあった。

記者がパー4でツーオン狙いは「奇跡2連続」に匹敵!?

 まず、『足し算』については、自分がグリーンに2打、3打で運ぶためには、どういった組み合わせがあるかをティーグラウンドで計算してしまうのだ。

ティーアップするまでに、必ずヤーデージを確認し、グリーンまでの番手と距離を計算してしまう。コースレイアウトの確認も忘れずに。
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、400ヤード・パー4のホールだとしよう。記者の場合、「ドライバーで250ヤード、7番アイアンで150ヤード」だと決めれば、2打でグリーンまで運べる。一方、3打でよければ、「ドライバー220、9番アイアン120、AW60(ヤード)」、「3W200、PW110、AW90(ヤード)」…などと選択肢は広がる。

 グリーンまで2打では運ぶには、ドライバーもアイアンも「マン振り」で「芯喰い」の条件が求められる。すなわち、上級者でもない限り、最初の選択肢は今の記者にとって「奇跡が2回起こる」に等しい。言わずもがな、ミスをする確率が極めて高い。

 一方、3打でグリーンに届く方法を選択する場合、ティーショットでドライバーにこだわる必要はなく、打ち出す方向にあるラフの幅やハザードの有無によってフェアウェイウッドを選択する手もある。もちろん、ドライバーの調子がよければ、力を抜いたコントロールショットを心がけて200ヤードを狙う手もある。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.