日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 13年ぶりにクラブを手にした40代オヤジでもシングルになれる!?  > 3ページ目
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

13年ぶりにクラブを手にした40代オヤジでもシングルになれる!?

第1回 13年間のブランクを経てゴルフに再チャレンジ

 池田 悟=日経Gooday

たった4つの体操がゴルフの上達と関連していた

 このゴルフ企画を立ち上げるにあたり、5つの狙いを踏まえることにした。

  1. 記者自身が実践し、これからゴルフを始める人100を切れずに伸び悩んでいる人女性ゴルファーの上達のきっかけになる手本(道化とも言う)になること
  2. 始めるからにはシングル(ハンデ1~9)を目指す。ただし、時間と小遣いに制約があるビジネスパーソンが、効率よく上達できる練習法を提案すること
  3. ゴルフを通じて体の構造や仕組みを学びながら、自分の体の特長に関心を向けること
  4. クラブの無駄な買い替え、最新ゴルフ理論は追求しないこと。夜のクラブ活動は禁止
  5. ゴルフに関心がある人はもちろん、関心がない人にもゴルフの魅力を伝えること
今もサラリーマンゴルファーのバイブルとなっている山口先生の名著。その第一弾の新版が今年10月2日に発売。

 アイデアが浮かんでは消え、消えては浮ぶ、を繰り返している中で、一冊の本がこの企画の進むべき方向を啓示してくれた。それが、『普通のサラリーマンが2年でシングルになる方法<新版>』(山口信吾著、日経ビジネス人文庫・756円)だ。2004年に出版して以来、これまで14回もの増刷を続けるロングセラー本である。

 早速、山口先生に連絡を取り付けて、記者の身上と企画の意図を説明する。今思えば、さぞや強引で厚かましいお願いを並べたてたものだと感心、いや、反省している。

 記者「弟子にしてください。もしもダメならば、せめてレッスン指導でも…」

 先生 「それではクラブをお持ちになって7月30日に大阪の自宅までいらっしゃい。それまで、私の著書に書いてある『真向法(まっこうほう)体操』をやっておいてください」

 もしや、厳しい入門テストが待ち受けているのだろうか…。自分で設けた「シングルを目指す」という途方もないハードル故に、先生からの課題は必死で達成するしかない。

 真向法体操とは、4つの簡単なポーズからなるストレッチ系メソッドのことだ。1ポーズおよそ3分、呼吸に合わせながら反復を繰り返し、股関節と骨盤の周りをほぐす。体のゆがみを整え、全身の血流を高めて「肩こり」や「腰痛」などの不調を改善するほか、アンチエイジング効果も期待できるとされる。

 頭は硬くても体は少し柔らかいと思っていたが、四十半ばの肉体にはなかなか手ごわい。

 これから紹介するメソッドを、読者のみなさんにも挑戦してもらいたい。シングルへの第一関門だ。

真向法体操 第一体操(1)
足の裏を合わせて、かかとと股の間をこぶし1つ分空けて床に座る。足首または足の甲を両手で包んで押さえ、背すじを真っすぐ伸ばす。胸を張って、ゆっくり呼吸を整える。
[画像のクリックで拡大表示]
第一体操(2)
上体を最大まで倒しながら、息を深く吐く。おへそをできるだけかかとに近づけ、 腰は丸めないように。息を吐き切ったら、最初の位置に戻る。これを10回繰り返す。
[画像のクリックで拡大表示]
真向法体操 第二体操(1)
床の上で脚を前に伸ばして座り、背すじを伸ばす。つま先は 上に向け、両手は太ももの上に置く。呼吸を整える。
[画像のクリックで拡大表示]
第二体操(2)
上体をお腹、胸、顔の順で、床に近づけるように倒す。 息を吐き切ったら、最初の位置に戻る。これを10回繰り返す 二つ折りになる“ガラケー”のような形(ポーズ)になるのが理想だ。
[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.