日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 13年ぶりにクラブを手にした40代オヤジでもシングルになれる!?  > 4ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

13年ぶりにクラブを手にした40代オヤジでもシングルになれる!?

第1回 13年間のブランクを経てゴルフに再チャレンジ

 池田 悟=日経Gooday

真向法体操 第三体操(1)
床の上で脚を左右に大きく開いて座り、背すじを伸ばす。 つま先は上に向け、膝の上に手のひらを置く。呼吸を 整える。
[画像のクリックで拡大表示]
第三体操(2)
上体をお腹、胸、顔の順で、床に近づけるように最大 まで倒す。息を吐き切ったら、最初の位置に戻る。こ れを10回繰り返す。ひざの裏が床からできるだけ離れないように。記者の体は膝の裏が床から離れてしまい、 まだまだ硬い。
[画像のクリックで拡大表示]
真向法 第四体操(1)
床の上で正座になり、背すじを伸ばす。呼吸を整える。
[画像のクリックで拡大表示]
第四体操(2)
正座していた足のかかとを体の側面に出し、割り座になる。腰は丸めないように。
[画像のクリックで拡大表示]
第四体操(3)
上体をゆっくり背中側に倒し、両ひじで支える。呼吸は止めない。
[画像のクリックで拡大表示]
第四体操(4)
さらに上体を床まで倒したら、両手をバンザイする。両腕を耳に密着させるように意識したまま、1分ぐらいキープする。この間、呼吸は深くゆっくり続ける。腰と膝が床から離れないようになるまでほぐそう。
[画像のクリックで拡大表示]

ゴルフに欠かせない筋肉がカチカチに固まっている

 「楽勝!」とは思っていたものの、長年の運動不足で、体は想像以上に硬くなっていた。股関節や骨盤の動きを高めるために必要な、背中にある「脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)」をはじめ、太もも前部の「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」、太もも裏の「ハムストリングス」、太もも内側の「内転筋」、そしてお尻の側面にある「中殿筋(ちゅうでんきん)」といった筋肉群が伸びてこない。なるほど、これでは体幹の筋肉が使えないどころか、クラブを振るレベルに達していない。恐るべし中年の肉体、そして恐るべし真向法体操…。

 体がようやくほぐれだしたのが、体操をやるようになって1週間を過ぎたころだった。その間、毎夜深夜1時過ぎに、「うぉ~~」「あっ、ぎゃぁ~~」といった“事件性”を帯びた野太い男の声が、隣り近所に不気味に響いていたに違いない。

 「大阪、夏の陣」まで、あと2週間。

 山口先生の宿題をクリアすることが、明るい未来を約束してくれる。

(写真:水野浩志)

(次回は、「ゴルフが上達しなかったのは体の使い方がマズかった」の予定です。ぜひ、ご覧ください)

山口信吾(やまぐち しんご)さん
ゴルフ作家
山口信吾(やまぐち しんご)さん 1943年生まれ。九州大学工学部を卒業後、同大学院を修了。69年に竹中工務店に入社。72年にハーバード大学大学院を修了後、シカゴの大手設計事務所に勤務。75年に帰国し、竹中工務店に復帰。43歳からゴルフを始め、還暦を前に一念発起し、独自の練習法によって2年でシングルを達成した。ベストハンデキャップ8。新聞および雑誌に寄稿多数、ゴルフの著作は14冊にものぼる。

撮影協力
西宮高原ゴルフ倶楽部
衣装/ポロシャツ(オレンジ、イエロー、ブルー)7020円、パンツ(ホワイト・ブラック)1万800円、ゴルフインナー(ホワイト)5400円、ベルト(ホワイト、ブラック)8100円、コンプレッション3/4レギンス(黒)6480円、コンプレッショントップス(グレー×ブルー)8424円。以上すべてアンダーアーマー

先頭へ

前へ

4/4 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.