日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 13年ぶりにクラブを手にした40代オヤジでもシングルになれる!?
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

13年ぶりにクラブを手にした40代オヤジでもシングルになれる!?

第1回 13年間のブランクを経てゴルフに再チャレンジ

 池田 悟=日経Gooday

がんばって練習を積み重ねても、「100」を切るどころか、「110」すら切れないゴルファーは少なくない。そんな“永久ビギナー”でもある記者が、鬼編集長の業務命令で途方もない目標のゴルフ企画を担当することになった。伸び悩み中の人はもちろん、これから始めたい人や女性ゴルファーも必見! 13年ぶりにクラブを握る万年“110の王”の40代記者が、2年でシングルを目指す!

練習を続けても、スコアがなかなか「100」を切れない苦い過去

 記者にとってゴルフは、どこかほろ苦くて甘酸っぱい、夏の思い出ばかりである。

 あれは19歳の夏だった。父親に連れられて訪れた練習場で初めてクラブを握った。今の40代にしては、デビューは意外に早いほうだと思う。見よう見まねでドライバー(1W)を振り回していたのに、これが実にうまく芯に当たった。若い肉体から打ち放たれるボールは矢のように飛んで行く。

 ちなみに、中高校生時代はテニスで鳴らし、こう見えても高校時代には国体の“県強化メンバー”にも指定された経験もある。運動神経において“プチ自慢”をしたいのだが、無論、今やその面影は微塵もない。

鬼編集長の業務命令によって、泣く泣く!? ゴルフを再開することになった。この先、果たして…。

 「ゴルフって気持ちいい~。俺って天才かも!?」

 こう思いながら力任せにスイングしたその刹那、

 「あぢゃあぁぁ~~~」

 という奇声とともに、5打席奥にいた紳士がその場にうずくまった。ボールが真横に飛ぶ 「シャンク」をしてしまったのだ。何がなんだか分からず、父親と一緒に平身低頭、謝り続けた。その後、被害に合われた紳士を練習場で見かけることは二度となかった。ほろ苦い夏の思い出であった。

 それ以降もゴルフの「女神」は、私に満面の笑みは与えてはくれず、一歩進めば二歩“下がる”どころか、四歩も五歩も“落ちる”の繰り返し。

 トドメは、会社のコンペにあった。ようやくアベレージゴルファー(100を切るスコアでラウンドできる技量)になってきたかという矢先、参加費が安いとの甘い言葉に誘われて訪れたのは、日本男子プロツアーも開かれる屈指のチャンピオンコース。ただの頭数合わせで参加させられたことは本人もつゆ知らず、上級者用の「フルバック(最も奥にあるティーグラウンド)」からラウンドすることになった。

 同組だった印刷会社の営業マンとは午後のハーフから急に会話がなくなり、途中から熟練キャディーからは「体が開いてますよ!!」「ドンマイ、ドンマイっ!」などと、スイング指導やら慰めやらが加わる始末。みんなさっさと前に進みたかったのだろう。ボールを探して一人、コース上を右に左にと走り回る姿は、まるで“捜査犬”のようだったに違いない。結局、140も叩いた。31歳、このときも灼熱の夏だった。

 屈辱のコンペを最後にクラブを封印し、既に13年の月日が流れていた…。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.