日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > リベンジラウンドでスコア92の大躍進! 目指すは80台  > 5ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

リベンジラウンドでスコア92の大躍進! 目指すは80台

第18回 基礎探しの1年間を経ても「伸びしろだらけですよ」

 池田 悟=日経Gooday

山口先生 「例えば、今日の10番ホール・パー5での第2打目。FW(フェアウェイウッド)で強打してOBにしましたね。そもそもツーオンが難しいパー5ですから、2打目はしっかりフェアウェイをキープして、次の3打目、4打目をどうつなぐかを考えておく必要があります。17番ホールのパー4では、左のラフにつかまって、2打目は前方に小山と高い木がある状況でしたね。何番で打ちましたか?」

記者 「残りが110ヤードぐらいだったので、PW(ピッチングウェッジ)で高く上げて越せれば、グリーンまで届くかと…」

山口先生 「その結果は、高い砲台グリーンの手前にある、入れてはいけない深いバンカーに入っていましたね(笑) あの状況からは、一度、フェアウェイにしっかり戻してから3打目のアプローチで勝負するのです。それで十分にパーのチャンスが作れる。これがマネジメントです」

 なるほど! 目の前にある風景を見たがままに認識し、「真っ直ぐ打てた!」「残り150ヤードでツーオンだ!」「グリーンに乗った!」は、まだまだ初心者の域を拭えないわけだ。コースに仕掛けられた設計者の巧な罠を見抜き、マネジメントしていく。ボールの落とし場所1つをとって見ても、「危険なフェアウェイ」もあれば、「難を回避できるラフ」だってあるわけだ。

記者の心境はあの名言と同じ「伸びしろだらけですよ!!」

さあ次は「90切り」! いよいよシングルプレーヤーを目指して、新しいステージに向かいます。
[画像のクリックで拡大表示]

 次の目標である80台に向けて、マネジメントを含むスコアメイクを支えるためには、ショットの精度をもっと上げ続ける必要があることはいうまでもない。今回のラウンドでも、スリーパット5回、OB1回を含む「3オーバー」「4オーバー」もあるが、次のステップで取り組むべき課題は見えている。

 上達すればするほど、ゴルフの本当の面白さが待っている-。そんな予感を抱きながら、まだ見ぬ世界に向けて挑戦を続けていこうと思う。まだ100切りをしたばかりの記者だが、その心境は、サッカー日本代表の本田圭佑選手が放ったあの「名言」とまさしく一緒だ。

「課題があるのは、伸びしろがあるということ。伸びしろだらけですよ!!」

(写真:水野浩志)

山口信吾(やまぐち しんご)さん
ゴルフ作家
山口信吾(やまぐち しんご)さん 1943年生まれ。九州大学工学部を卒業後、同大学院を修了。69年に竹中工務店に入社。72年にハーバード大学大学院を修了後、シカゴの大手設計事務所に勤務。75年に帰国し、竹中工務店に復帰。43歳からゴルフを始め、還暦を前に一念発起し、独自の練習法によって2年でシングルを達成した。ベストハンデキャップ8。新聞および雑誌に寄稿多数、ゴルフの著作は14冊にものぼる。現在、「WEBRONZA」(朝日新聞社)において、『ゴルフがある喜びと幸せ』を連載中。
撮影協力
西宮高原ゴルフ倶楽部


衣装協力/山口先生、ポロシャツ9180円、同7020円(ブルー)、パンツ9720円、ゴルフインナー5400円、ベルト8100円(ホワイト、ブラック)。記者、ポロシャツ7560円、パンツ9720円、コンプレッションインナー4536円、ベルト8100円。以上、すべてアンダーアーマー。

先頭へ

前へ

5/5 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.