日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > リベンジラウンドでスコア92の大躍進! 目指すは80台
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

リベンジラウンドでスコア92の大躍進! 目指すは80台

第18回 基礎探しの1年間を経ても「伸びしろだらけですよ」

 池田 悟=日経Gooday

鬼編集長の業務命令で、「2年でシングルを目指す」という途方もない目標のゴルフ企画を担当することになった40代記者。今年3月に無念のギブアップをして以来、4カ月ぶりに再挑戦となった西宮高原ゴルフ倶楽部でのリベンジラウンド。ゴルフ作家・山口信吾先生の御前ラウンドで、ようやく100切りを果たすことができた記者。今回は、これまでの厳しい道のりと、次なるステップについてお届けしよう。

 「合格! 文句なし!! ここまでよく頑張りましたね!!!

 記者がホールアウトすると同時に、この連載でゴルフの指導をお願いしている山口信吾先生から一声が上がる。

 7月某日、西宮高原ゴルフ倶楽部(兵庫県西宮市)での山口信吾先生とのラウンド。3月のロケで屈辱の途中ギブアップ(関連記事:ハーフ「58」でギブアップ…。開花宣言の前にサクラ散る)をして以来、実に4カ月ぶりのリターンマッチとなった。

前半48と苦戦したものの、後半は44でまとめてスコア「92」を達成! 苦節1年!? ようやく第一関門をクリアしました。
[画像のクリックで拡大表示]

 既に本編でもお伝えしたように、6月にプライベートのラウンドでようやく100切りを達成(参照記事:100切り達成を支えた、ミラクル「8番アイアン」)したが、いつものロケ地である西宮高原ゴルフ倶楽部で、そして、山口先生の前で100切りを達成することが今回のミッションだった。

「絶対に100は切りたい人」に少しでもお役に立てれば

 では、恒例の結果から先にお伝えしよう。

[画像のクリックで拡大表示]

 スコアは、「92」!!!

 イン・スタートの前半は48と防戦に近かったが、3番ホール・パー5では人生で2度目となるバーディーを奪取するなど、リズムは悪くなかった。今までのラウンドであれば、後半からガラガラと崩れていくのがお約束だが、例によってこの日も(?)根拠のない「確信」があった。昼食を挟み、アウトは4連続パーを含む「44」でホールアウト。6月のラウンドに続き、アマチュアゴルファーの最初の壁とされる「100切り」を連続で達成したことになる。

 ちなみに、100切りを達成して以降、8月の現時点までにプライベートで3回ラウンドを消化したが、すべて初めてのコースでレギュラーまたはフロントティーから回り、「93」「97」「94」というスコアだった。

 そこで今回は、この1年間を振り返り、これまでのプロセスをたどってお伝えしてみたい。「絶対に100は切りたい」という読者に少しでもお役に立てればと思う。中上級者であれば、「そんな時代もあったなぁ…」とニヤけて頂けたら是幸いだ。

1/5 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.