日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > これで百発百中? “人間振り子”でパターの名手に!  > 4ページ目
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

これで百発百中? “人間振り子”でパターの名手に!

第17回 パット上達の“三種の神器”でボールを真っ直ぐ転がす

 池田 悟=日経Gooday

 実際に先生の「三種の神器」をお借りしてパターを振ってみると、たしかに毎打、構えや振り方が安定していないことがわかった。俯瞰(ふかん)して構えると1本に見えるはずのラインが2本になったり、パターを動かす軌道がラインから外れていたり。メトロノームを使ってリズムを合わせているはずなのに、勝手に体がスイングの強弱をつけてしまい、少しずつリズムとズレて行くこともある。

山口先生 「パターの動きをコントロールしようとするほど、手先でスイングを加減するようになります。パターを振る極意は『振り子』の原理を使うことに限ると、私は考えています。背骨を軸にして、両肩を振り子のようにしてパターを振る。名付けて“人間振り子”になることを意識すれば、余計な力が抜けて、安定したスイングとボールの転がりにつながっていくはずです」

 なるほど! 山口先生のアドバイスに従って“人間振り子”を意識して打ち始めると、ボールが真っ直ぐに転がっていく。実際にやってみた感想は、「人間振り子」というより「人間シーソー」といった感覚に近い。頭から足の先までを「1本の軸」として保ち、左右の肩が対照的に「上下」に動く。これによってスイング中に頭が上がって打ち損じる、いわゆる「ヘッドアップ」の防止にもなる。

パットほど上達を実感できるクラブはない!

山口先生 「多くのゴルファーがドライバーで飛ばす練習に熱心で、パターの練習はというと、せいぜいラウンド前の練習用グリーンで済ませるぐらいです。たしかにパットは地味な練習ですし、面白くないのかもしれません。また、『パットに型なし』などと言われて、自己流を通したり、感覚に頼ったりする方法でよいといった風潮もあります。ですが、これはとんでもない誤解です。パットこそ、ツボを抑えながら練習すれば、これほど上達を実感できるクラブはないと考えています。自宅でも簡単に練習ができて、スコアにも直結する。すぐに取り組まない手はないですね」

山口先生が名付けた「人間振り子」によるパッティング。背骨を軸として、両腕とパターが振り子のように動く。頭の位置がぶれず、どんなラインでも真っ直ぐボールが転がり出す。
山口先生が名付けた「人間振り子」によるパッティング。背骨を軸として、両腕とパターが振り子のように動く。頭の位置がぶれず、どんなラインでも真っ直ぐボールが転がり出す。
[画像のクリックで拡大表示]

記者 「なるほど、わかりました。グリーン上では、ラインを読むとか、タッチ(ボールを打つときの強弱)を決めることに関心を向けてしまいますが、こうした技術はどうやって身につけていけばいいのでしょうか」

山口先生 「はい。たしかに大切な技術ですが、まずはラインやタッチを考える前に、どんな状況でも安定して真っ直ぐボールを打てる“人間振り子”の技術を習得してください。1m、2m、3m…と距離を変えながら、真っ直ぐ転がすことに徹して練習をしていくと、距離に応じたバックスイングやフォロースルーの取り方が身についてきます」

記者 「つまり、真っ直ぐ打つ練習を積みながら、距離に応じたタッチの練習もできるわけですね」

 

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.