日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > これで百発百中? “人間振り子”でパターの名手に!  > 3ページ目
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

これで百発百中? “人間振り子”でパターの名手に!

第17回 パット上達の“三種の神器”でボールを真っ直ぐ転がす

 池田 悟=日経Gooday

…すなわち、下手くそなのである

 パッティングは「真っ直ぐ引いて、真っすぐ振り出すこと」が鉄則だとされるが、自宅練習を始めた当初、日々ボールの転がり方が違うことに手を焼いた。

 「左に曲がる日」「カップまでショートする日」、そして「オーバーする日」…。前日には2mのパットを連続50回も入れられたのに、翌日には半分も入らないこともしばしば。グリップを握る手の力加減、両肩の動き、両足でスタンスを取るときの足幅、ボールを置く位置、バックスイングやフォロースルーの大きさ、頭や目線の位置、果てはパットに入るルーティンまで、日々、気が付いたことを「パッティングノート」に記し、試行錯誤を続けた。

 ようやく、「これだ!」と確信を得たこともあった。勢い勇んで本コースのグリーンに挑んだが、全く結果に結びつかなかったことも多い。「真っ直ぐ引いて、真っすぐ振り出す」という極めてシンプルな動きであるにも関わらず、芝の上ではショートやオーバーを繰り返す。それどころか、いわゆる「OK!」をもらえるワンフット(30㎝)以内にも寄らないことがある現実。パットは嫌いどころか、むしろ好きなのに、なかなか入らない。

…すなわち、下手くそなのである。

パターの極意は“人間振り子”に徹すること

 「それは練習方法が少し間違っているのではないでしょうか」。山口先生にズバリと指摘された。

山口先生 「私が“パット上達の三種の神器”と呼んでいる方法を取り入れてみてください。1つ目のパターマットは既に使っているでしょうから、残りの2つ“メトロノーム”“パッティングガイド(下写真参考)”を活用するのです」

記者 「パターを振るリズムと軌道を体に覚えさせていくわけですね」

山口先生 「その通りです。メトロノームは自分がパターを振りやすいリズムに設定して構いません。カチッ、カチッ、カチッという音に、バックスイング、切り返し、インパクトを合わせます。パッティングガイドは、パターを真っ直ぐ引いて真っすぐ振るスイングの再現性を高める練習器具です。パターマットに引いたラインとパッティングガイドに付いた2本のゴムを重ねるようにして、ボールを真上から見るように構えます。3つのラインが重なって1本に見えるように構えて打ちます。両肩、両肘、腰、両足が目標に向って、ラインと平行になっていることが大切です」

「パターマット」「パッティングガイド」「メトロノーム」が3種の神器。構えを正しく取り、パッティングガイドの2本のゴムとマットに引いた線が1本に見えるようにして打つ。
「パターマット」「パッティングガイド」「メトロノーム」が3種の神器。構えを正しく取り、パッティングガイドの2本のゴムとマットに引いた線が1本に見えるようにして打つ。
[画像のクリックで拡大表示]

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.