日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 100切り達成を支えた、ミラクル「8番アイアン」  > 3ページ目

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

100切り達成を支えた、ミラクル「8番アイアン」

第16回 コントロールショットに、転がしに、自在に操れ!

 池田 悟=日経Gooday

1人ぶつぶつ呟きながら、ボールの行方を天に任せた

 ますます緊張感が高まる中で、「とにかく集中!」「この一打に全力!!」「絶対、あそこに打つ!!!」と1人でぶつぶつ呟きながら、ボールの行方を天に任せた。

 17番、484ヤードのパー5。

 緩く左にドッグレッグしたホール。ティーショットはとにかく曲げないように、肩とクラブの同調を心かげながらスイング。240ヤード先、フェアウェイのど真ん中へ。第2打目は4FW(フェアウェイウッド)を選択。ここでも「マン振り」はせずに、股関節を意識してスイープに振ることだけを心がける。グリーンまで残り80ヤードの地点まで運ぶ。第3打目、AW(アプローチウェッジ)を選択。フェイスがやや薄く入ってしまい、グリーンまで届かず手前のカラーに。第4打目、8Iを迷わず選ぶ。上りラインを転がし、あわやチップインバーディーのアプローチ。難なく1パットで沈め、パーでホールアウト。

 18番、355ヤードのパー4。

 打ち下しのティーショットと、2打目が「池越え」という心理的プレッシャーの中で、コントロールを要求されるホール。「池ポチャ」になったらすべて終わりである…。

 前のホールでのいいリズムを思い出しながら、無心でドライバーを振る。これが250ヤード先のフェアウェイど真ん中にポトリ(強風がここでは味方してくれた)。第2打目、残り105~110ヤードと見てPW(ピッチングウェッジ)を選択。カップの右手5mにパーオン。第3打目、「ラインはやや上りで、真っすぐ」と読めたが、パターが打ち切れずに80㎝ほどショート。嫌な距離を残した、運命の第4打目…。

スコア、「99」!(あぶねぇ……)

当日のスコアカード。1段目がアベレージさん、2段目がシングルさん。1日を共にさせて頂いたお2人のゴルフを見ながら、これからの課題もよくわかる収穫の多いラウンドになった。悪筆はどうかご勘弁を。
[画像のクリックで拡大表示]

 18番ホールでボールがカップに入ったときの「音」と「映像」は、恐らくこれから先のゴルフ人生で忘れることは決してないだろう。ちなみに、一緒にラウンドしたメンバーのスコアは、シングルさん77、アベレージさん89であった。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.