日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 100切り達成を支えた、ミラクル「8番アイアン」  > 2ページ目

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

100切り達成を支えた、ミラクル「8番アイアン」

第16回 コントロールショットに、転がしに、自在に操れ!

 池田 悟=日経Gooday

 ラウンドは、初対面の3人という組み合わせだった。1人は50代男性のシングルプレーヤー(ハンデ5)、もう1人は記者と同じ45歳で平均スコア90のアベレージプレーヤー。当日、マスター室前のボードに掲示されていたグリーンスピードは10フィート。8.5~9フィートぐらいが標準なので、10フィートはアマチュアゴルファーには早くて難しい設定に入る。

 前半9ホール。ナイスボギー!でスタートした後、久々のラウンドなのにやけに順調だった。7ホールを終えた時点でスコアを集計した瞬間、手が震えた。きっと暗算を間違ったに違いないと思い、何度もラウンドを振り返り、目をこすり、3回も計算し直した。

 なんと、ここまでのスコアは「31!!!」。

 残り2ホールのパー4と5をどちらもダボ(ダブルボギー)で上がったとしても、44! すわ、「100切りどころか90台前半、いや、このまま行けば80台?」と想像するや否や、急に緊張感が増してくる。

 だが、そうは問屋がおろさない。8番ホールはアイランドグリーン(浮島)風。ティーショットをトップし、続く2打目を無理せず池の前まで運んだまではよかったが、3打目を再びトップして池ポチャ…。打ち直しの5打目でグリーンに乗せたものの、ここから3パット…。痛恨の“ダブルパー(8打)”をやらかした。続く、9番のパー5ではトリプルを叩く。スコア47で前半を終えた。

もはやこれまでの実績からは絶望的な状況

 午後は、午前の好調とは打って変わり「防戦一方」となった。

 コースのすぐ目の前にある成田空港に着陸する飛行機の轟音が響く(会話ができないほどであった)ことはまだいいとしても、「成田名物」だとされる風がひっきりなしに吹きつける。ティーアップしたボールはすぐにこぼれ、ショットが吹け上がれば強風に煽られて、あれよあれよと各所にある池へと吸い込まれる。そのうえ、大雨が降った翌日だったためであろうか、体やボールにハエらしき虫が時折止まったり、いくつかのティーグラウンドではボールの周りに蟻がチョロチョロと歩き回ったりしている。ゴルフは自然との闘いであるワケだが、気が散ることこのうえない…。

午後は防戦一方に…。前半のスコアに気を良くし過ぎて、大盛りの「カツカレー」で満腹にしてしまったことも、体の動きを鈍らせた要因か(笑)。(写真は、西宮高原ゴルフ倶楽部)
[画像のクリックで拡大表示]

 我慢に我慢を重ねながら、ようやく17番ホールまで漕ぎつけた。スコアを数えると…43。残り2ホールのパー5と4をパーで上がらなければ、「100超え」が決定してしまう。もはやこれまでの実績からは絶望的な状況であった。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.