日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 100切り達成を支えた、ミラクル「8番アイアン」  > 5ページ目
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

100切り達成を支えた、ミラクル「8番アイアン」

第16回 コントロールショットに、転がしに、自在に操れ!

 池田 悟=日経Gooday

スイングのチェック機能を果たしてくれる

 「めでたく100を切ったとの報告、何よりです。8番アイアンは、とにかくコントロールショットを覚えるのに最適なクラブだと私は考えています。先に申し上げたように、練習の30%を8番アイアンに費やすことに加えて、締めくくりも8番です。というのも、例えば、ドライバーで練習を終えたりすると、強く打ち過ぎたり、アッパーブローの感覚が残ったりしたままになる。それを避けるために、左足に踏み込んだダウンブローの感覚で練習を終える。8番アイアンは、言うなれば『スイングのチェック機能』を果たしてくれるのです」(山口先生)

 ちなみに、山口先生が所属されているゴルフクラブの研修会では、「4本のクラブでプレーする競技」があるそうだ。山口先生の選択は、ドライバー、7番ウッド、8番アイアン、パター。やはり8番アイアンが入っている。

 「8番アイアンは距離をコントロールしやすいクラブです。ピンを見て風を感じるだけで距離を合わせることができます。これ1本さえあれば、フェースを開いたり、ワンクッションさせたりして、ほとんどのアプローチショットにも対応できます。距離感がパターと似ているのでグリーン脇からの転がしにも最適。バンカーショットもなんとかこなせます。以前もお伝えしたように、練習場には8番アイアンを常に携えて、一打ごとに方向と距離が異なる目標を狙うアトランダム練習に励んでください」(山口先生)

再び「110の王」に返り咲く!?可能性だってある

 かつてコースでの撮影中に山口先生から、「グリーンの脇から寄せるときは8番で転がしましょう!」とアドバイスを受けたときには、正直、そうしたクラブの使い方があることすら記者は知らなかった。今ではよほどのことがない限り、グリーンの脇からSW(サンドウェジ)を使うことはない。

 わずか1打とはいえ、「100切り」は達成した。だが、また再び「110の王」に返り咲く!?可能性だってある。いやはや、シングルプレーヤーの証である70台のスコアで回るためには、まだここからスコアを20打以上も縮めなければならない。もちろん、研鑽あるのみだ。

 近く、春先のリベンジ(関連記事:『ハーフ「58」でギブアップ…。開花宣言の前にサクラ散る』)を兼ねてロケを予定している、ホームコースの「西宮高原ゴルフ倶楽部」で100切りを達成してこそ、第一関門をクリアした“お墨付き”を頂くこととしよう。シングルプレーヤーに向けた挑戦は、これからが本番!

…で、いいですよね、山口先生?

(写真:水野浩志)

山口信吾(やまぐち しんご)さん
ゴルフ作家
山口信吾(やまぐち しんご)さん 1943年生まれ。九州大学工学部を卒業後、同大学院を修了。69年に竹中工務店に入社。72年にハーバード大学大学院を修了後、シカゴの大手設計事務所に勤務。75年に帰国し、竹中工務店に復帰。43歳からゴルフを始め、還暦を前に一念発起し、独自の練習法によって2年でシングルを達成した。ベストハンデキャップ8。新聞および雑誌に寄稿多数、ゴルフの著作は14冊にものぼる。「WEBRONZA」(朝日新聞社)において、ゴルフ連載『ゴルフがある喜びと幸せ』を連載中。
撮影協力
西宮高原ゴルフ倶楽部


衣装協力/ポロシャツ7560円、パンツ9720円、ゴルフインナー6480円、ベルト8100円。すべてアンダーアーマー。

先頭へ

前へ

5/5 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.