日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 100切り達成を支えた、ミラクル「8番アイアン」  > 4ページ目
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

100切り達成を支えた、ミラクル「8番アイアン」

第16回 コントロールショットに、転がしに、自在に操れ!

 池田 悟=日経Gooday

「100球のうち30球は8番アイアンの練習をします」

 さて、今回は100切りの報告に終始するだけではなく、それを「密かに支えてくれた」ショットについてご紹介したいと思う。ポイントは2つだった。1つ目は、以前この連載でも取り上げた『ドライバーで「100ヤード」を狙い打ちするわけ』でもご紹介した通り、「マン振り封印」でティーショットのOBを避けることに留意したこと(それでも後半は2回の池ポチャを含む乱れが続いたが…)。

ドライバーは「マン振り」をひたすら封印。一緒にラウンドした仮称“シングルさん”からも、「ゴルフは距離を競うスポーツじゃない。250ヤード先のラフに入れるぐらいならば、200ヤードに満たなくても50%の力でフェアウェイにコントロールできる方ほうが、スコアアップや上達のカギになりますよ」といった名言を授けられた。(写真は、西宮高原ゴルフ倶楽部)
[画像のクリックで拡大表示]

 2つ目は、山口信吾先生からも常々、「よく練習しておくように」と助言されていた8番アイアンの成果が出てきたことにあると思う。山口先生自身、「8番アイアンの練習には最も時間をかけています。100球練習するとして、およそ30球は打ちます。この番手は、調子が悪いときでも上手く(素直に)打てるので、スムーズに練習に入っていけますし、ロフトによってボールが無理なく上がるので『すくい打ち』をせずに済む利点があります」と説明する。

 記者にとっても、8番アイアンはコース上での出番が意外に多い。例えば、380~400ヤードのパー4での第2打。記者のドライバーの飛距離は220~250ヤードで、残りの距離からいくと次は7番か、8番のアイアンを選ぶことになる。7番も好きなクラブではあるが、選んだときに限って「芯喰い」してしまい、150ヤードを超えてグリーンをオーバーしてしまうことがある。そこで「グリーン手前の花道に刻む」「しっかり距離を合わせて乗せる」、万が一トップしたときにもグリーンを突き抜けない「けが防止」のために、8番アイアンの使いこなしが欠かせないことに気が付き、練習を重ねてきた経緯がある。

 一方、パー3のホールでは、「打ち下ろし150ヤード」「打ち上げ120ヤード」といった設定も少なくない。記者の8番アイアンの飛距離は120〜140ヤードであるから、コースの高低差を考慮すると、7番では大きく、9番では足りない…といった状況がしばしば訪れる。さらに、初心者にはグリーンの脇から転がして寄せるシーン(関連記事:『初心者のアプローチショットは徹底して「転がせ」! 』)でも、8番アイアンがとても威力を発揮してくれる。今回のラウンドでも、転がしでカップまでワンクラブ以内に寄せられたアプローチショットが幾度となくあり、あわや「チップイン!」といったシーンも2回あった。まさに、ミラクル「8番アイアン」になってくれたのだ。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.