日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > ドライバーで「100ヤード」を狙い打ちするワケ  > 5ページ目

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

ドライバーで「100ヤード」を狙い打ちするワケ

第14回 ボールの方向は「肩とクラブの同調」で決まる

 池田 悟=日経Gooday

インパクト効率を上げれば距離ロスは防げる

 ちなみに。ドライバーでボールを打った場合、芯から1㎝外れると、およそ10%飛距離が落ちるとされている。200ヤードを目安に計算すれば20ヤード損をすることになる。言うまでもなく、フォームが安定しない初心者がフルスイングを続けても、芯に当たる「インパクト効率」は高くはならない。つまり、70~80%の力であっても「芯でボールを捕まえるスイング」を身につけさえすれば、飛距離のロスを防ぎながら、ボールもコントロールできるわけだ。

 後日、課題を持ち帰り、練習場で100ヤードをドライバーで狙う練習に取り組んでみた。なるほど、「力を入れる」と「コントロールする」ことは、反比例していくことが明らかに実感できる。しかも驚くことに、肩とクラブとが同調してボールを芯で捕えられれば、50~60%の力で振っても、狙いを定めた200ヤード先に楽々と飛んで行くことが分かった。

 アンパンマンの子ども用の腰掛け(関連記事:「子ども用の腰掛けで苦手な「左足上がり」を克服する!?」)を使った練習に続いて、ドライバーやフェアウェイウッドで100ヤード先を狙って熱心に練習する記者の姿。さぞや周囲の人たちは不思議に思っているに違いない。

 練習の成果が早くコースで実を結ぶことを祈るばかりである…。

次回は、「先生も絶賛!? バンカーで大砂嵐」をご紹介する予定です。ぜひ、ご覧ください。


(写真:水野浩志)

山口信吾(やまぐち しんご)さん
ゴルフ作家
山口信吾(やまぐち しんご)さん 1943年生まれ。九州大学工学部を卒業後、同大学院を修了。69年に竹中工務店に入社。72年にハーバード大学大学院を修了後、シカゴの大手設計事務所に勤務。75年に帰国し、竹中工務店に復帰。43歳からゴルフを始め、還暦を前に一念発起し、独自の練習法によって2年でシングルを達成した。ベストハンデキャップ8。新聞および雑誌に寄稿多数、ゴルフの著作は14冊にものぼる。2015年3月より「WEBRONZA」(朝日新聞社)において、新規ゴルフ連載『ゴルフがある喜びと幸せ』がスタート。
 撮影協力

吹田ゴルフセンター

衣装協力/山口先生、クロスパンツ(グレー)7020円、ゴルフインナー(グレー)5400円、Tシャツ3240円。記者、クロスパンツ(カーキ)7020円、ゴルフインナー(ホワイト)6480円、すべてアンダーアーマー。

先頭へ

前へ

5/5 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.