日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > ドライバーで「100ヤード」を狙い打ちするワケ  > 4ページ目

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

ドライバーで「100ヤード」を狙い打ちするワケ

第14回 ボールの方向は「肩とクラブの同調」で決まる

 池田 悟=日経Gooday

100ヤード先に打てなければ、200ヤード先も狙えない

 思えば、どんなスポーツでも、100%の力でパフォーマンスを続けることは不可能に近い。野球、サッカー、バスケットボール、テニス…といった球技では、淡々とプレーが流れている間は、50~80%の出力で競い合っているではないか。そして、ゴルフのフルスイングにあたる100%の力はここぞという勝負時に使うわけだが、例えば野球のピッチャーが渾身の力を込めて投げたとしても、必ずしもコントロールが効いてストライクが取れるとは限らない。いやむしろ、コントロールがつきにくい方がほとんどだろう。

 しかしながら、記者を含めた初心者ゴルファーの多くは「一球入魂」よろしく、いつも全力でクラブを振ってしまう。普段の練習から「マン振り」を無意識にすり込んでいるとするならば、力を上手く加減してコントロールをつけるなど、夢のまた夢になるはずだ。いわんや、コース上で縦の距離を合わせる必要がある場面になると、急に力を抜いて「手打ち」になる記者のような初心者が多いに違いない。力の使い方がまさに「いい加減」なのだ。

 すると、今すぐ練習で取り組むべき課題は、出力を50~80%に抑えたまま、狙ったところにしっかりボールをコントロールできる「同調」が取れたスイングを身につけることだ。

 なんで、今までこんな初歩的なことに気づかなかったのだろうか…。

ドライバーでコントロールショット。
ドライバーでコントロールショット。
ドライバーを使い「100ヤード」「150ヤード」「200ヤード」「フルスイング」を打ち分ける。「同調」を意識して真っすぐボールをコントロールすること。ボールが飛び出す方向が不安定になるならば、打席の前方にボールマークで「スパット」を置いて練習するといい。

山口先生 「100ヤード先を狙って真っすぐ打てないのに、200ヤード先の目標にコントロールしてボールを打てるわけがありません。たとえドライバーで100ヤードを打つときにも、『腰を使う』『同調』を心がけること。短い距離でもしっかり打てるスイングを身につければ、あとは少しずつ力を調整しながら距離を合わせていくだけです。『100ヤード』と『フルスイング』を交互に取り入れてもいいでしょう。特に100~150ヤードを狙って打つときには、体もクラブもゆっくり動かすので『肩とクラブが同調しているかどうか』を確かめながら練習ができます。繰り返し言いますが、腰や肩、腕のどこかの力だけを『抜く』『加える』といった加減でスイングしてはいけません」

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.