山口信吾先生のコントロールショットを拝見! 距離に応じてスイングスピードの緩急やトップの位置に違いはあるが、フォームは一切変わらない。予告した通りに、ピタリとボールを寄せていく。

記事に戻る