日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > ドライバーで「100ヤード」を狙い打ちするワケ  > 3ページ目
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

ドライバーで「100ヤード」を狙い打ちするワケ

第14回 ボールの方向は「肩とクラブの同調」で決まる

 池田 悟=日経Gooday

コントロールを決めるのは「肩とクラブの同調」

 相変わらず美しいスイングフォームで、山口先生は縦の距離をピタリと合わせていく。ドライバーで芯を捕えたときに響く打球音はほぼ同じままで、目標に向って真っすぐボールが飛ぶ。短い距離を狙うときは、「ハーフスイング」のようにトップで調整をしているようだが、「股関節を使って腰を切り(回し)、右足から左足へと重心移動する」という基本スイングの形は全く変わっていない。

山口先生 「スイングは腰を切る(回す)力とトップの位置で微調整はしていますが、私が提唱している7つの基本動作にある『肩とクラブを同調させて打つ』ことをいつも心がけています。この1年近く練習を積んでもらった基本スイングは、言うならばクラブを振るための『動力』を生むためのものです。そこに肩とクラブの同調が加わると、『ライン』(狙った方向にボールが出ること)が出ます。ボールの方向性は、この同調で決まります」

山口先生がコントロールショットをしたときの連続写真
通常よりも少し浅めにトップを作り、「同調」を意識してスイングする。「力を調整しながらゆったりと振り、フィニッシュの位置も控えめにしています。同調が取れたら少しずつ力を入れていき、スイングアークを大きくしていけば、コントロールをつけながら飛距離も自然に伸ばせます」(山口先生)
[画像のクリックで拡大表示]

 ここでいう「同調」とは、肩とクラブが一体となって動くことを指す(「腕とクラブ」「腰・腕・クラブの三位一体」などとするスイング理論もある)。スイングするときに正しく同調が取れればボールは真っすぐ飛ぶが、クラブが肩よりも早く動けば『引っかけ』、逆に遅くなれば『押し出し』が起こる。「力一杯にクラブを振るとボールのコントロールが難しくなるのは、同調が乱れるためなのです」(山口先生)。

「これ以上の力で振れない限界」までクラブを振り続けた

 次に、山口先生から与えられた課題は、「100%の力でドライバーを振る」ことだった。

 一球ずつルーティンを経て、フルスイングで打ってみる。だが、これがなかなか難しい。左に引っ掛けたり、狙いからかなり外れたり、力んで空振りすることすらある。記者の場合、力が入ると両ひざが左右に大きくスウェー(揺れ動いて)して重心移動がまちまちになり、ボールを打つ度に体のバランスが崩れる。まさしく冒頭で綴った練習場で「マン振り」するゴルファーたちとほぼ一緒だ。

山口先生 「私はドライバーを使った全力素振りを週に3~4日、10回3セットを行っています。練習場に行ったときにも20球ぐらい全力で打ちます。瞬発力を上げるためのいいトレーニングになります。ですが、目的もなく全力で振るわけではありません。最大の力をかけて振っても、肩とクラブの同調を意識しているのです」

 「これ以上の力で振れない」という限界までクラブを振り続けていると、かえって腕や手首を意識して力ませてしまい「振り遅れ」や「振り急ぎ」が起こる。全力で振るには股関節を起点にして腰を強く切る(回す)ことが必要なのは分かるのだが、そこに肩とクラブの同調が加わらなければ何球打ってもいい球は打てない。つまり、これまでのフルスイングは、ただ単に力を込めて打つだけの「マン振り」だったに過ぎず、しっかりと同調が取れた「正しいフルスイング」にはなっていなかったわけだ。なるほど、いつも山口先生に「まだまだ手打ちです!!」と指摘される理由がわかってきた。

 「もしかして、これが同調かも!?」という感覚がつかめてきたころ、再び、ドライバーのままで100ヤード先を狙ってみる。すると、いい塩梅で力の加減が効いて、肩とクラブとが一体になってクラブを振れる。狙った場所にボールが打ち出せるようになった。無意識にクラブを「マン振り」しているときとは違った「肩と腕、クラブとの一体感」があるのだ。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.