日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 初心者のアプローチショットは徹底して「転がせ」!  > 4ページ目

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

初心者のアプローチショットは徹底して「転がせ」!

第12回 サンドウェッジを使うには「HC5」の腕前が必要?

 池田 悟=日経Gooday

 続いて、「チップショット」に挑戦。

山口先生  「チップショットは、ピンまで20~30ヤードの距離でよく使います。PWまたはAW、さらに状況に応じて7~9Iの中からクラブを選択して、グリップを握る指先がシャフトにさわるぐらい短く持って打ちます。グリップを握る位置を変えることで、“ザックリ(ダフリ)”やトップなどの大きなミスを避けられます。感覚をつかむために少し転がす練習ならば、自宅でパターマットを敷いても練習できます。チップショットの練習で、番手ごとに距離感を身に付けられれば、グリーン周りから寄せるときの大きな武器になりますよ」

山口先生のチップショット
山口先生のチップショット
両足をそろえ、左足を少しだけ後ろに引いて構える。ボールの右側にクラブのフェイスをセットしたら、背中を軸にした「肩の回転」だけで小さくスイングする。ただし、「力を緩めている」わけではない。
記者のチップショット
記者のチップショット
両足のスタンス幅が広く、構えた時点で姿勢が安定していない。狙った場所までの距離を腕の力で調整しようとして、インパクトから腰が抜けたように「手打ち」になっている。

 チップショットでは、手首のコックを使わずに、背骨を軸に肩を回してクラブを振る。パットをするときのように「肩で両腕を振り子のようにして打つ」といったイメージだ。

 「大きな失敗がないやさしいショットなので、得意技にしない手はありません。特に100切りを目指す初心者、初級者であれば、チップショットを積極的に使って転がしていきましょう。課題としては、ボールが落ちてから転がる距離を把握していくことです。練習場ではもちろん、コースにアプローチ練習場があれば、7IからAWまでを使ってみっちり練習しましょう。またラウンド中でも、状況に応じていろんな番手を試して、距離感を身に付けていくことが大切です」(山口先生)

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.