日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 初心者のアプローチショットは徹底して「転がせ」!  > 3ページ目

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

初心者のアプローチショットは徹底して「転がせ」!

第12回 サンドウェッジを使うには「HC5」の腕前が必要?

 池田 悟=日経Gooday

 そもそもSWは、バンカーからボールを脱出させるために発達してきたクラブで、バウンス(ソールの膨らみ)が大きいために、芝土に当たったときに「跳ね返り」が強く起こる。こうした特徴からリーデンィグ・エッジ(フェイス下部の刃)がボールに当たり、トップ(またはハーフトップ)の原因になりやすい。だから山口先生は、SWよりもAWやPWを使うことを勧めるのだ。

山口先生のピッチショット
山口先生のピッチショット
両足のスタンスは肩幅よりも小さくとって構える。コンパクトなスイングでも重心を右足から左足へ移し、手首の「コック、リリース、リコック」が伴う。「ふわり」とした球筋でコントロールする。
記者のピッチショット
記者のピッチショット
両足のスタンスの幅が広めで、ダウンスイング(左から3つめの写真)から腕を主導にしてクラブを振っている。手首を「リリース」したまま、「リコック」せずにフィニッシュしている。これが「手打ち」になる原因。

 先生のピッチショットは、実に滑らかなスイングで、「カツっ」という打球音とともにボールがふわりと上がっていく。じっくりと観察!?してみると、「軸足に荷重する」「股関節を使って重心を右から左に移しながら腰を切ってスイングする」との2つの基本動作がブレないうえに、手首の『コック、リリース、リコック』が自然に伴う。ゆったりとしたスイングではあるが、決して「緩いスイング」ではないことがわかる。

 なるほど、前回の練習で記者が気づいたように、腕や手、腰の力加減でスイングを調整してしまう「手打ち」よりも、基本動作を心がけて打つほうが、ボールをコントロールしやすい秘密がここにあった。手打ちだとクラブのフェイスの向きがバラつき、結果的に「出たとこ勝負」でボールをとらえてしまう。これを避けるために「基本のスイングを心がけよ!」という理由なのである。

 どんなクラブを使っても、スイングの動作は変わらない

 記者と山口先生のスイングを見比べてみると、記者は「肩と腕だけを動かしている」のに対して、山口先生は「軸足に小さな重心移動も伴っている」ことが明らかに違っていた。わずか20~30ヤードを寄せるピッチショットなのに、スイングの基本的な動作は、200ヤードを飛ばすドライバーでのショットと全く同じなのだ!!!

 練習した実感を率直に表現するならば、「ドライバーなどでフルショットするときの基本のスイング動作を、そのままコンパクトにしていくイメージ」だ。バックスイングの大きさやトップの位置、スイングのスピードにこそ違いはあるが、「腰を切って回す」という体の使い方は変えない。このポイントを心がけて打つと、ピッチショットの精度は格段に上がってきた。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.