ピッチショットで、インパクト後のリコックを教わる。コックはできてもリコックが難しい。記者の場合、「コック、リリース、リコック」がしっかりできていないため、小さなショットでも手打ちぎみになりトップすることが多い。

記事に戻る