日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 初心者のアプローチショットは徹底して「転がせ」!  > 2ページ目
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

初心者のアプローチショットは徹底して「転がせ」!

第12回 サンドウェッジを使うには「HC5」の腕前が必要?

 池田 悟=日経Gooday

山口先生 「アプローチショットの名称や打ち方については、いろんな人がいろんな呼び方、メソッドを提案しているために、一般ゴルファーの多くが混乱してしまっているのではないでしょうか。私はシンプルに、手首を固めてコックを使わずに打つ『チップショット(Chip Shot)』と、コックを積極的に使って打つ『ピッチショット(Pitch Shot)』の2種類しかないと考えています。これらを区別して練習し、コースでどう使い分けるかが、アプローチショットの精度を上げ、スコアを縮める秘訣だと思っています。ちなみに、ランニングアプローチとは、7~9番アイアンを使った『チップショット』のことです」

パーオンしたと思ったら、奥や手前のグリーンエッジにボールがこぼれ、エッジからピンまではおよそ20ヤード…。コースでの「ある・あるシーン」の一つだ。「上げるピッチショット」か「転がすチップショット」のどちらを選択するか。そしてクラブの番手は何を選ぶか。「初心者は、まずチップショットで転がす練習に力を入れてください」(山口先生)。写真のような状況では、AWまたはPW使ったチップショットがお勧めだと山口先生はアドバイスする。
パーオンしたと思ったら、奥や手前のグリーンエッジにボールがこぼれ、エッジからピンまではおよそ20ヤード…。コースでの「ある・あるシーン」の一つだ。「上げるピッチショット」か「転がすチップショット」のどちらを選択するか。そしてクラブの番手は何を選ぶか。「初心者は、まずチップショットで転がす練習に力を入れてください」(山口先生)。写真のような状況では、AWまたはPW使ったチップショットがお勧めだと山口先生はアドバイスする。
[画像のクリックで拡大表示]

 早速、山口先生に2つのショットの打ち分ける方法を実演してもらった。まずは「ピッチショット」から。通常のスイングと同じように、これまで学んできた「コック、リリース、リコック」という一連の手首の動きを使ってボールを打つ。

山口先生  「ピッチショットは、砲台グリーン(フェアウェイよりも高い位置にあるグリーン)に乗せるときをはじめ、バンカーを越してピンに寄せるとき、ピンがエッジに近いときなどに使います。アプローチにSW(サンドウェッジ)を多用しているゴルファーを見かけますが、実はこのクラブはHC(ハンデキャップ)5ぐらいの腕前がないと自在に使いこなすのが難しいクラブです。AW(アプローチウェッジ)やPW(ピッチングウェッジ)を基本のクラブとして上げる練習しておくといいでしょう。ピッチショットの基本が身に付いてくれば、クラブの番手を上げ下げして様々な状況に対応できるようになります」

初心者は「上げる」ときにSW(サンドウェッジ)は選ばないこと

 山口先生によれば、ウェッジ系のクラブはロフト角が大きくにつれて、芯で打つのが難しくなり、距離も合わせづらくなるのだという。ロフト角が最も大きいSWを使いこなすのが初心者には向かない理由は、ここにある。たしかに記者の場合、ボールを打つことはできても、コントロールするまでには至らない。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.