日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > アプローチショットの練習が上達の早道になる!  > 6ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

アプローチショットの練習が上達の早道になる!

第11回  「男の狩猟本能」が駆り立てられる? アトランダム練習

 池田 悟=日経Gooday

 アトランダム練習は「童心がくすぐられるゲーム感覚」…、いや「男の狩猟本能」が駆り立てられるようなおもしろさがある。ドライバーやロングアイアンのように大きくスイングする必要がないから、体への負荷もなく、飽きることなく打ち続けられる。

「どんなに短い距離のショットでも、腕や肩、腰の力加減で調整してはいけません」(山口先生)
[画像のクリックで拡大表示]

山口先生 「多くのゴルファーは、200ヤードを越えるような大きい練習場に行くと、30ヤード以内のアプローチ練習をするのは、なんだかもったいないと思ってしまうものです。その気持ちはよくわかりますが、ストレス解消のためや爽快感を得るためにドライバーを振り続けても上達は望めません。レベルとスコアの両方をアップするための大きな課題は、ピンまで残り30ヤード以内から3打以内で上がれるようにすることです。スコアで100切りを目指すのであればグリーンに乗せるだけでいい。90を切るためにはピンから数メートルに寄せる技術が必要です。30ヤード以下のアプローチを徹底的に磨いてください」

 帰京後、自宅リビングルームに「50㎜丈の人工芝」と「5ヤードのパターマット」を敷いて、昼夜を問わずにアプローチ練習に取り組むことになった。「カツっ」、そして「ツー、コロ、コロ…」の打球音と転がり…。

 下の階に住むご家族のみなさま、うるさかったらごめんなさい。

次回は、『「上げる」「転がす」アプローチを徹底練習する』をご紹介します。ぜひ、ご覧ください。



(写真:水野浩志)

山口信吾(やまぐち しんご)さん
ゴルフ作家
山口信吾(やまぐち しんご)さん 1943年生まれ。九州大学工学部を卒業後、同大学院を修了。69年に竹中工務店に入社。72年にハーバード大学大学院を修了後、シカゴの大手設計事務所に勤務。75年に帰国し、竹中工務店に復帰。43歳からゴルフを始め、還暦を前に一念発起し、独自の練習法によって2年でシングルを達成した。ベストハンデキャップ8。新聞および雑誌に寄稿多数、ゴルフの著作は14冊にものぼる。2015年3月より「WEBRONZA」(朝日新聞社)において、新規ゴルフ連載『ゴルフがある喜びと幸せ』がスタート。
 撮影協力

西宮高原ゴルフ倶楽部

吹田ゴルフセンター

ラウンド衣装/山口先生・ポロシャツ9180円、インナー7560円、パンツ1万800円、ベルト8100円。記者・ポロシャツ8640円、インナー8100円、パンツ1万800円、ベルト8100円。練習衣装/山口先生・ストリームパンツ7560円、ストリームジャケット9180円。記者・フリースパンツ9720円、トップス7020円、以上すべてアンダーアーマー。

先頭へ

前へ

6/6 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.