日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > アプローチショットの練習が上達の早道になる!  > 3ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

アプローチショットの練習が上達の早道になる!

第11回  「男の狩猟本能」が駆り立てられる? アトランダム練習

 池田 悟=日経Gooday

記者 「全然、ボールが狙った場所に寄せられません。10ヤード前後だと『手打ち』で力を加減して距離を合わせたり、30ヤードになるとバックスイングの大きさで調整したりしますが、スイングスピードも定まらず、手首のコックの使い方もまちまちになります」

山口先生 「前回のラウンドでもよく見かけましたが、せっかくグリーン近くまで来ているのに、アプローチでトップしてグリーンの奥にこぼしてしまうのはなんとももったいないことです。アプローチショットの練習では、SA、AW、PW、9Iを使い分けながら、どのクラブでも一定の球筋で打てるようにしていきます。短いアプローチショットを打つときにも、『軸足に加重する』『股関節を使って重心移動をさせて腰を回し切る』というスイングの基本は変わりません。例えば、こんな感じです」

20ヤード先の狙いに向けてアプローチショットを試すが、手打ちになってしまう。重心移動が正しくできていないことは、記者がスイングするときのひざの位置からでもわかる。
[画像のクリックで拡大表示]

アプローチの練習は長いクラブを上達させる早道

 山口先生が繰り出すアプローチショットは、“カツっ”という乾いた打球音とともに、狙いを予告した所にピタリとボールが止まる。放物線を描いて「ふわり」と柔らかく飛ぶ球筋もあれば、バックスピンがかかったボールが着地した瞬間に「キュッ」と一瞬止まった後、ツー、コロ、コロ…と狙いに向けてゆっくり転がっていく球筋もある。記者がお手上げだった15ヤード先のカップにだって、次々とチップイン(アプローチショットがカップに入ること)していく。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツNEW

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.