日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > アプローチショットの練習が上達の早道になる!  > 2ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

アプローチショットの練習が上達の早道になる!

第11回  「男の狩猟本能」が駆り立てられる? アトランダム練習

 池田 悟=日経Gooday

 恐らく、中・上級者ゴルファーであれば、「ボールを転がす、上げる」「クラブ選択とスイングイメージ」などを即座に決めて、スコアメイクにつなげていくに違いない。だが、記者を初めとする初心者の多くは、こうした状況から“突然やらかす”こと請け合いである。

ゴルフの上達とスコアアップのカギは、ピンまで残り30ヤードからアプローチショットのミスを減らすこと。
[画像のクリックで拡大表示]

「トップ」「ダフリ」「チョロ連発」…。

 ときにグリーンを越えてバンカーや池にポロリもあれば、残り20ヤードから痛恨の谷落ちOBまである。ティーグラウンドやフェアウェイからのショットですら安定しない初心者が、グリーン周りのアプローチショットでも叩いてしまえば、スコアカードにはあっという間に「8」「9」「10」…といった数字が並ぶことになる。

 これまでのラウンドでもミスが多かったアプローチショットの問題を、早速、山口先生とともに解決していくこととなった。

目の前にある15ヤード先のカップにすら寄せられない

山口先生 「それでは、今から私が指示する場所を狙って打ってください。まずは、正面にある20ヤードの表示板! はい次、右奥の30ヤード!! 今度はAWに持ち替えて、次…」

 ゴン、ドン、カツっ、パスっ…。

 もちろん、鍛冶屋に弟子入りしたわけではない。記者がSW(サンドウェッジ)、AW(アプローチウェッジ)、PW(ピッチングウェッジ)のいずれかのクラブを使ったときの打球音は、およそ先のような感じだ。山口先生が指示した目標に寄るどころか、ボールは左右に散り、オーバーやショートを繰り返す。目の前にある15ヤード先のカップにすら寄せられないのである。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.