日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > アプローチショットの練習が上達の早道になる!  > 2ページ目
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

アプローチショットの練習が上達の早道になる!

第11回  「男の狩猟本能」が駆り立てられる? アトランダム練習

 池田 悟=日経Gooday

 恐らく、中・上級者ゴルファーであれば、「ボールを転がす、上げる」「クラブ選択とスイングイメージ」などを即座に決めて、スコアメイクにつなげていくに違いない。だが、記者を初めとする初心者の多くは、こうした状況から“突然やらかす”こと請け合いである。

ゴルフの上達とスコアアップのカギは、ピンまで残り30ヤードからアプローチショットのミスを減らすこと。
[画像のクリックで拡大表示]

「トップ」「ダフリ」「チョロ連発」…。

 ときにグリーンを越えてバンカーや池にポロリもあれば、残り20ヤードから痛恨の谷落ちOBまである。ティーグラウンドやフェアウェイからのショットですら安定しない初心者が、グリーン周りのアプローチショットでも叩いてしまえば、スコアカードにはあっという間に「8」「9」「10」…といった数字が並ぶことになる。

 これまでのラウンドでもミスが多かったアプローチショットの問題を、早速、山口先生とともに解決していくこととなった。

目の前にある15ヤード先のカップにすら寄せられない

山口先生 「それでは、今から私が指示する場所を狙って打ってください。まずは、正面にある20ヤードの表示板! はい次、右奥の30ヤード!! 今度はAWに持ち替えて、次…」

 ゴン、ドン、カツっ、パスっ…。

 もちろん、鍛冶屋に弟子入りしたわけではない。記者がSW(サンドウェッジ)、AW(アプローチウェッジ)、PW(ピッチングウェッジ)のいずれかのクラブを使ったときの打球音は、およそ先のような感じだ。山口先生が指示した目標に寄るどころか、ボールは左右に散り、オーバーやショートを繰り返す。目の前にある15ヤード先のカップにすら寄せられないのである。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.