日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > アプローチショットの練習が上達の早道になる!
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

アプローチショットの練習が上達の早道になる!

第11回  「男の狩猟本能」が駆り立てられる? アトランダム練習

 池田 悟=日経Gooday

鬼編集長の業務命令で、「2年でシングルを目指す」という途方もない目標のゴルフ企画を担当することになった40代記者。今回はゴルフのスコアメイクに欠かせないショートゲームにおける、アプローチショットの練習に取り組むことになった。ゴルフ作家の山口信吾先生によれば、「アプローチの精度を上げれば、長いクラブも上手くなる!」とのこと。しかし、15ヤード先の目標に全然ボールが寄せられず…。

 この連載で指導をお願いしている山口信吾先生と一緒にラウンドしていると、ピンまで100ヤード以内のアプローチショットでミスをすることはまずない。それどころか、「魔法の杖をクラブに変えたのではないだろうか」と思えるほど、放たれたボールはほぼワンピン以内にピタリと止まる。シングルプレーヤーが「神」のように見えるシーンの一つである。

ラウンド後にアプローチショットをもう一度、山口先生にチェックしてもらう。「ボールを上げようとして手打ちになり、左肩が上がっています。股関節を使って重心移動をして腰を切る(回す)基本スイングを心がけてください」(山口先生)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、ケーススタディーとして、次のようなシーンを思い浮かべて頂きたい。

 パー5のロングホールでの3打目、グリーン手前のラフからピンまでの距離はおよそ20ヤード。グリーン上は緩やかな上りで、エッジ(芝を短くカットしたグリーンを囲むエリア)まではおよそ5ヤード。ライはやや勾配のある左足上がりで、芝は逆目。アプローチをワンピン以内に寄せればバーディーチャンス、2パットでもパーセーブは確定できる。

1/6 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.