1. 右手でクラブを持ち、ボールの後ろに立つ。クラブのヘッドを持ち上げ、目標からボールまでの飛球線をイメージする。
2. ボールの前に右足を前に出して立ち、右手で持ったクラブのフェイスと飛球線を直角に合わせる(目標に向けてフェイスを正面に向ける)。
3. 先に置いた右足に左足をそろえ、股関節から上体を倒して前傾姿勢をつくる。次に、左足を左、右足を右へ順に開いて、足幅(スタンス)を決めて構える。
4. 最後に、左手でしっかりグリップを握り、再び右手を添えてアドレスが完了。山口先生は、ワッグル(クラブヘッドを左右に小さく動かす動作)はせず、アドレスを終えたら、即バックスイングを始める。

記事に戻る