目標に肩のラインを向けたまま構えがちな初心者には、「飛球線」の手がかりになる竹ざおなどを活用するとよい。飛球線、肩のライン、スタンスの向きの3つがすべて平行になるように注意しておこう。

記事に戻る