西宮高原ゴルフ倶楽部のグリーンは、この日、推定11フィートというかなり速い状態だった。下りのラインでタッチが強いと、5mもオーバーしたり、グリーンの下までこぼれたりすることも。必然的にピンの手前から寄せるアプローチの精度も求められた。

記事に戻る