みっちり練習を積んできた50~80ヤードのアプローチはかなり自信がついてきた。しかし、10~30ヤードというグリーンに近くなる距離で、トップやチョロが出る新たな課題が出てきてしまった。

記事に戻る