コースに出る前に、練習場でこれまでの成果を見てもらうと、真っ先に、「へっぴり腰になっている」との(厳しい?)指摘があった。「股関節から上体を前傾させ、体重を両足の母指球に乗せて、腰を入れて構えます。そうすれば、体重移動により股関節を使って骨盤を回して、しっかり振り切ることができます」(山口先生)。

記事に戻る