日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 「100切り」の手ごたえ、ハーフで「-12打」は偶然なのか?  > 2ページ目

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

「100切り」の手ごたえ、ハーフで「-12打」は偶然なのか?

第10回 30ヤード以内のアプローチで「トップ」「チョロ」の新たな課題も…

 池田 悟=日経Gooday

「もう少しなんとかならなかったか…」というのが本音

 午前中のラウンドは、「練習場で正しく習得できたもの」「コースで打つとミスがでるもの」「そもそも練習でもミスが多いもの」を実践形式で確認をしていく。連載第7回(「痛恨! 再挑戦の1人ラウンドも『120』の大叩き」)でもご紹介した「PDCA」サイクルのうち、「C(Check)」と「A(Action)」を行っていくわけだ。

コースに出る前に、練習場でこれまでの成果を見てもらうと、真っ先に、「へっぴり腰になっている」との(厳しい?)指摘があった。「股関節から上体を前傾させ、体重を両足の母指球に乗せて、腰を入れて構えます。そうすれば、体重移動により股関節を使って骨盤を回して、しっかり振り切ることができます」(山口先生)。
コースに出る前に、練習場でこれまでの成果を見てもらうと、真っ先に、「へっぴり腰になっている」との(厳しい?)指摘があった。「股関節から上体を前傾させ、体重を両足の母指球に乗せて、腰を入れて構えます。そうすれば、体重移動により股関節を使って骨盤を回して、しっかり振り切ることができます」(山口先生)。

 「練習の成果がかなり表れてきましたね」との評価を山口先生から頂いたが、練習場では見違えるほど変わったとの手応えがあっただけに、「もう少しなんとかならなかったか…」というのが記者の本音ではあった。

 昨年7月にゴルフを再開した頃に連発していたダフリはほとんどなくなっていたが、課題克服のために重点を置いて練習してきた「左足の上がり」のライではしばしばミスが出る。まだ練習に取り組めていない「つま先の上がり・下がり」のライでは、やはりミスが多い。ただし、ミスをした場所から、アドレスをするときの構え、軸足への加重を念入りに確認しながら打ち直すと、自分でも驚くほどのショットが出る。シングルプレーヤーの山口先生のように、どんなライからでも “一発必中”のスイングを身につけられれば、10打近くのスコアアップが望めるはずだ。

記者 「練習場ではスイングもショットもかなり安定してきたと思っていましたが、コースではまだまだですね。もしもスコアを付けて回っていたら、1ホール目からかなりへこんでいたと思います」

山口先生 「練習ラウンドを見ていると、『軸足に加重する』『重心移動によって股関節を使って腰を回し切る』という重要な動きがおざなりだったり、不足していたりすることがまだ多いようです。練習場でいい球を連発したとしても、コースで別人になってしまうのは“一発必中”の実践的な練習が足りていないからです。私がいつもアドバイスしている2つの基本は、練習場でもコースを想定しながら1球ずつ心がけてください。午前中にチェックした基本を意識しながら、午後のラウンドにつなげていきましょう」

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.