日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 子ども用の腰掛けで苦手な「左足上がり」を克服する!?  > 3ページ目
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

子ども用の腰掛けで苦手な「左足上がり」を克服する!?

第9回 練習場で傾斜ショットを再現する山口流メソッド その2

 池田 悟=日経Gooday

 山口先生の練習法にアレンジを加えながら、軸足への加重の比率を左右で少しずつ変えて、様々なライを想定してボールを打ってみる。さらに、ボールの位置を左足側から右足側へ少しずつずらして打ったり、グリップを握る長さを調整して打ち分けてみたり。記者の場合、ミスが多い「左足上がり」を想定した練習では、ボールの位置が左足側(前方)にあるほどトップになりやすく、右足側(後方)だとダフリやすくなることが分かってきた。

「左足下がり」の傾斜を想定した練習
「左足下がり」の傾斜を想定した練習
左足に体重をかけ、1軸にしてスイングする。インパクトからフォロースルーにかけて、もっと腰を回してスイングする必要がある。体に力みがあると、腰が滑らかに回転しないので、5~8割ぐらいのスイングを心がける。
[画像のクリックで拡大表示]
「左足上がり」の傾斜を想定した練習
「左足上がり」の傾斜を想定した練習
今度は右足に体重をかけ、1軸にしてスイングする。右足への加重が足りないため、手打ち気味になっている。フォロースルーでも上体がやや反り気味に。ここも腰の回転が不足している。
[画像のクリックで拡大表示]

「練習した結果は嘘をつきません」

 試行錯誤をしていくうちに、コース上で試したくなるたくさんの気づきを「練習ノート」に書きとめた。その一例を挙げると、2軸から1軸に変えることで、スイングしたときのヘッドの軌跡も変わり、「インパクトゾーン(ボールにクラブフェイスが当てられる位置)が小さく、短くなるのではないか?」ということに気が付いた。平らなライからボールを打つときとは意識を変えて、例えば左足上がりでフェアウェイウッドを振るときは、「ボールの位置を左目の前に合わせて、グリップを短めに持つ」ことでミスが減ることが分かった。同様に、ミドルアイアン(5、6I)ならばボールの位置は「鼻筋」、ショートアイアン(7~9I)では「右目の前」に合わせて打つと、会心の当たりが出るようになった。

左足上がりのライで、山口先生のスイングチェックを受ける。「軸にした右足にしっかり加重して、もっと腰を回してスイングしましょう!」とのアドバイスだった。
左足上がりのライで、山口先生のスイングチェックを受ける。「軸にした右足にしっかり加重して、もっと腰を回してスイングしましょう!」とのアドバイスだった。
[画像のクリックで拡大表示]

 山口先生からアドバイスしてもらった「軸にする足への加重」「股関節を使って腰を回し切る」ことを念頭に置きながら、「ボールの位置」や「グリップの長さ」にも注意を払う。さらに「5~8割の力でゆったり振る」といった方法を加味することで、傾斜を想定した練習でも臆することなく打てるようになってきた。このように、子ども用の腰掛けを1つ使うだけで、打ちっぱなし練習場でもコースさながらの実践練習が積めるわけである。

 もちろん、コースには傾斜ばかりではなく、独特のアンジュレーション(うねり)もあるため、“一筋縄”では行かないことは承知している(つま先上がり・下がりの練習法もまたの機会にご紹介する)。山口先生の励ましの言葉「練習した結果は嘘をつきません」を胸に、与えられた課題を1つずつクリアしていくだけだ。

 記者が練習打席に持ち込んでいる子ども用の腰掛けは、

 笑顔のアンパンマン

 のイラスト入りで、行きつけの練習場でもすっかり“話題の人”になってしまった…。周りの人たちから向けられる不思議そうな視線だって、上達に通じるのだと信じれば意外に気にならないものです(笑)。

 早く、いい夢が見られますように…。


次回は、「いよいよ『100切り』の手応えをつかんだ!」をご紹介します。ぜひ、ご覧ください。


写真/水野浩志

山口信吾(やまぐち しんご)さん
ゴルフ作家
山口信吾(やまぐち しんご)さん 1943年生まれ。九州大学工学部を卒業後、同大学院を修了。69年に竹中工務店に入社。72年にハーバード大学大学院を修了後、シカゴの大手設計事務所に勤務。75年に帰国し、竹中工務店に復帰。43歳からゴルフを始め、還暦を前に一念発起し、独自の練習法によって2年でシングルを達成した。ベストハンデキャップ8。新聞および雑誌に寄稿多数、ゴルフの著作は14冊にものぼる。
 撮影協力

西宮高原ゴルフ倶楽部

吹田ゴルフセンター

ラウンド衣装/山口先生、ウィンドジャケット1万4040円、ポロシャツ7020円、ウィンドパンツ1万1880、パンツ(ブラック)1万800円、ベルト8100円。記者、トップスエレメンツ 1/2ZIP 1万800円、パンツ1万800円。練習衣装/フリースパンツ9720円、トップス7020円。以上すべてアンダーアーマー。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.