日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 子ども用の腰掛けで苦手な「左足上がり」を克服する!?  > 2ページ目
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

子ども用の腰掛けで苦手な「左足上がり」を克服する!?

第9回 練習場で傾斜ショットを再現する山口流メソッド その2

 池田 悟=日経Gooday

傾斜ショットは片脚を軸にしてスイングする

 ところで、傾斜に対処する「スイング理論」には、さまざまな考え方がある。「傾斜と肩の線を平行に合わせる」「両足へ均等に加重して構える」などの姿勢に関連する指南から、「狙った方向とは反対に打つぐらいの気持ちで」「傾斜に沿ってフォロー(インパクト後のヘッドの軌道)を出すように」といったイメージ法まで、ゴルフのメソッド本やウェブを少し調べるだけでもたくさんの対処法が出てくる。「どれも大切なポイント」には違いないが、果たして「どれが本当なのか」が、初心者には今ひとつ判断しづらい。「傾斜ショットの克服はコース経験が必要だ」と言われればそれまでなのだが、普段からどこに重点を置いて練習すればいいのかが、皆目見当もつかない。

「左足上がり」を想定した練習では、右足に大きく加重して軸にする。反対に、「左足下がり」では、左足に大きく加重して軸にする。「傾斜がきついときは、軸足に体重をすべてかけるぐらいでもいい」(山口先生)。
[画像のクリックで拡大表示]
「左足上がり」を想定した練習では、右足に大きく加重して軸にする。反対に、「左足下がり」では、左足に大きく加重して軸にする。「傾斜がきついときは、軸足に体重をすべてかけるぐらいでもいい」(山口先生)。
[画像のクリックで拡大表示]
「左足上がり」を想定した練習では、右足に大きく加重して軸にする。反対に、「左足下がり」では、左足に大きく加重して軸にする。「傾斜がきついときは、軸足に体重をすべてかけるぐらいでもいい」(山口先生)。

 こうした疑問を山口先生に向けてみたところ、「傾斜ショットでは、私は1軸で腰を回すスイングを意識しています」とのヒントを与えてもらった。

 「基本のスイングでは、右と左の股関節を中心に、両足の2軸を使って腰を回します。バックスイングのときには、右足に体重を移動しながら右股関節を外旋させて腰を右へ回します。そして、ダウンスイングに入るときは、左足に体重を移動させながら左股関節を外旋させて腰を左へ回します。これに対して、傾斜ショットでは、左足下がりならば『左股関節を中心にして左足1本』、左足上がりは『右股関節を中心にして右足1本』を軸にして、腰を回します。傾斜ショットでも『手打ち』にならないように、股関節を使って腰をしっかり回してスイングすることが大切です」(山口先生)。

 軸足に体重を乗せる割合は傾斜の強さに応じて変えてもいいとのことだが、「例えば、かなり勾配のある左足下がりのライであれば、左足に体重をほぼ10割乗せて、右足は地面に添えるぐらいでいい」(山口先生)という。

まだまだ腰が使えておらず、手打ちになっている

 記者の場合、「左足下がり」よりも「左足上がり」のライで明らかにミスが多くなる。アイアンではダフることが多く、フェアウェイウッドを振ればトップが増える。山口先生にスイングチェックをしてもらったところ、「左と右の股関節の外旋がいずれも足りていないために、腰が回り切っておらず、手打ちになりやすい」との指摘だった。「右足に体重をしっかり乗せて構え、バックスイングのときにはさらに体重をかけて右股関節を外旋させて、トップまでクラブをもってくるようにしましょう」(山口先生)。要するに、まだまだ腰が使えておらず、手打ちになっているのだ。

勾配の強い「左足上がり、つま先上がり」のとても難しいライから、楽々とリカバリーショットを放つ山口先生。「バックスイング」「トップ」「切り返し」「フォロースルー」まで、どんな斜面でも体がぶれずにスイングを行う。
勾配の強い「左足上がり、つま先上がり」のとても難しいライから、楽々とリカバリーショットを放つ山口先生。「バックスイング」「トップ」「切り返し」「フォロースルー」まで、どんな斜面でも体がぶれずにスイングを行う。
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに、「左足下がり」のライでは、どちらかというとミスは少ない。右利きの場合、フィニッシュをする方向と同じ左足には体重を乗せて構えやすく、ダウンスイングのときにも加重が解けにくい。このため、左股関節でうまく腰を回して打てるのだと思われる(多少のトップやダフリがあっても、下り斜面ならばボールはソコソコ転がっていくわけでもあるが…)。

 練習場の打席に子ども用の腰掛けを持ち込み、傾斜を再現してボールを打ってみると、なるほど「傾斜ショット」が難しい理由がよくわかってきた。体のバランスがそもそも不安定な状態では、スイング動作に入るだけですぐに足元がおぼつかなくなる。

 特に記者が苦手な「左足上がり」を想定した練習では、インパクトからフォロースルーまでの間に上体が反り上がり気味になる。いわゆる「ヘソ天」になりやすい。足元が平らな打ちっぱなし練習場でも球筋が安定しない初心者にとって、傾斜でいいショットを打ち続けるのは“至難の業”に相当する。そうした状況を克服する第一歩は、「軸足にしっかり体重をかけて、股関節を使って腰を回し切ること」(山口先生)が欠かせないわけだ。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.