日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  >  ゴルフは『生涯の友』  > 4ページ目
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

ゴルフは『生涯の友』

最終回 才能もセンスもない!…ならば、師の言葉を信じて進むのみ

 池田 悟

 新たな戦友になるRMX116ドライバーは、「スーパーデュアル弾力ボディ」という設計のもと、ヘッド部分に6本の溝を設けて、インパクト時にそれらが収縮してパワーを生み出す構造を採用している。前年モデルの打球音と比べると、やや高めの金属調のだが、芯を喰った音の響きはとても心地よい。楽器メーカーのヤマハらしいこだわりでもあるのだろう。

ヤマハから届いたクラブを携えて、早速、打ちっぱなしへ。写真左、RMX116ドライバーは、ヘッド容量が446平方センチと、これまで使用していた460平方センチのものよりも小ぶりだが、とても構えやすい。「芯で打つ」ことに徹すれば、ゆったりとしたスイングでも200~220ヤードでコントロールできる。写真右、RMX116アイアンは、昨今のトレンドであるストロングロフトのタイプ。ゆっくりと丁寧にスイングするほど、ボールの方向性が安定していく。

 渡邊さんによる分析に基づき、7割の力で“芯”を意識して打てば、飛距離もコントロールも得られる。フルスイングで振り回すよりも飛ぶから面白い。

キリっとしたデザインのアイアン。クラブのポテンシャルを存分に引き出せる腕前になるよう、しっかり練習していきます!

 一方、RMX116アイアンは、軟鉄鍛造の弱点だった「飛距離」を克服した新コンセプトのもの。ソールの中間部を独自に削る加工を施し、ヘッドの後部に重みを配分したことで「深重心」を実現した。中上級者向けモデルでフェイスはやや小ぶりだが、「構えやすさ」と「振り抜きやすさ」では、それほど難しい印象はない。

 クルマに譬えると、これまで使っていたアイアンはオールラウンドな“セダン”だったのに対して、今度は“スポーツカー”に乗り換えたともいえよう。芯を喰ったときの心地いい打感をはじめ、練習を重ねるごとに、ボールの方向性が安定してくる。「どんどん上達して、存分に使いこなしたい」と思わせるクラブである。

 記者の周りにいる“ゴル友”たちも驚く「ヤマハの飛び」を、ショップや試打会などでぜひお試しを!

 3月12日のラウンドで、ようやく「100叩き」の連発から脱することができました(霞ヶ浦カントリー倶楽部・スコア95!)。…というレベルですが、今年は本気でスコア70台を目指します!

 長らくにわたり、温かいご声援を賜りましてありがとうございました。多くのアマチュアゴルファーと、これから始めようとしている人たちが、「ゴルフのある喜びと幸せ」を得られることを祈念しております。末筆ですが、連載にご協力いただきました関係者の皆様に、この場を借りて深く御礼申し上げます。

(写真:水野浩志)

山口信吾(やまぐち しんご)さん
ゴルフ作家
山口信吾(やまぐち しんご)さん 1943年生まれ。九州大学工学部を卒業後、同大学院を修了。69年に竹中工務店に入社。72年にハーバード大学大学院を修了後、シカゴの大手設計事務所に勤務。75年に帰国し、竹中工務店に復帰。43歳からゴルフを始め、還暦を前に一念発起し、独自の練習法によって2年でシングルを達成した。ベストハンデキャップ8。新聞および雑誌に寄稿多数、ゴルフの著作は14冊にものぼる。現在、「WEBRONZA」(朝日新聞社)において、『ゴルフがある喜びと幸せ』を連載中。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.