日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 5ヤード刻みの練習が“伸び悩み”を打開する特効薬!  > 2ページ目
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

5ヤード刻みの練習が“伸び悩み”を打開する特効薬!

第23回…「100叩き」3連発! 基本練習をもう一度見直す

 池田 悟

強い向かい風で60ヤードを“池ポチャ”

 小難しい前置きはこれぐらいにして、今回は「練習方法の見直し」をテーマに取り上げたい。要するに、練習は続けているのに、「100叩き」が3回続いて精神的に“凹んだ”ためである。ちなみに、“伸び悩み”が打開できずに、ゴルフから遠ざかる人は意外に多いようだ。

「5ヤード刻みで正確にコントロール術を徹底して身につけてください。やがてコース上でも、狙いを見た瞬間に脳が自動的に距離を目測して、それに合ったスイングが自然にできるようになります」(山口先生)

 「ゴルフの上達に求められる練習」とひと口に言っても、初心者も上級者も、その方法にあまり違いがないというのが、この1年半余り、ほぼ毎週のように練習を続けてきた記者の実感である。では、何を変える必要があるのか。

 たどり着いた結論の1つが、ショットの「精度」をもう一段上げる練習に、真剣に取り組むことである。

 例えば、PW(ピッチングウェッジ)を使った練習。練習場では真っ直ぐの球筋を基本に、「110ヤード先のグリーンを狙う」といった漠然とした打ち方を繰り返してきた。もちろん、大まかに右・左・真っ直ぐには打ち分けられる。それを改め、狙ったグリーンの「右」「左」「手前」「奥」の4方向にもっと正確に打ち分ける意識に変えた。実を言うと、かつて練習場に行った際に、「もしかしてプロ?」というレベルのアマチュアゴルファーの練習方法を目撃し、“拝借”したに過ぎない(上級者の練習方法を見ているととても参考になることが多い)。いわゆる「ライン出し」と「距離感」をきっちり体で覚えていくことが狙いだ。

 いざ練習を始めてみると、微妙にコントロールすることはとてつもなく難しい半面、なかなか奥深い発見の連続でもあった。中上級者にとっては「必須」の技術なのかもしれないが、試行錯誤を繰り返すうちに、同じ距離を番手の違うアイアンで打ち分けるコツもつかめてきたのだ。例えば、アプローチショットの練習で50~60ヤードを狙う想定では、以下に挙げる3つの方法が選択できることが分かった。

1. PWではグリップを短く持ち、クオータースイングで打つ(低い弾道とランで<目標に>寄せる)

2. AWはグリップの真ん中を握り、ハーフスイングで打つ(やや高い弾道とランで寄せる)

3. SWならばグリップエンドを握り、ゆったりしたフルスイングで打つ(高い弾道でピンポイントに寄せる)

山口先生がアプローチショットを練習するときのひとコマ。グリップをギリギリまで短く持ち、小さくてコンパクトなスイングでボールをコントロールしていく。

 こうした試みは、かつて強い向かい風のラウンドで残り60ヤードをAWで打ったら、見事に“池ポチャ”になったことや、凍ったグリーンで転がしたら全く止まらずにバンカーに落ちたことあって、何かいい方法はないものかと考えついたことである。先と同様に、7、8、9I、PW…と、隣り合う番手でも「グリップを握る位置」「足幅」「スイング幅」をいろいろと組み合わせながら、距離とコントロールの良し悪しをすべて携えたメモ帳に記していった。練習したことは「すぐに忘れてしまうから」である。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.