コースでミスする傾向を分析したうえで、山口信吾先生の練習法を取り入れる。まずはアドレスの見直しからスタート。

記事に戻る