日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > ボウリングの基本技術でアドレスを見直す  > 2ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

ボウリングの基本技術でアドレスを見直す

第8回 練習場をコースに変える山口流メソッド その1

 池田 悟=日経Gooday

 「1球ずつ『あの目標に向かって打つ!』と自分に言い聞かせることが大切です。ゴルフのショットは、ハザード(池やバンカーなど)や林を意識すると、不思議とそこに打ち込んでしまうものです。ティーグラウンドがそもそもOB方向に向いているホールもあります。構えに入ったら、スパットの助けを借りながら、1球ごとに異なる目標に向かって打つ練習を繰り返しましょう。練習場でもコースでも打球の方向性が良くなってきます。『スパットゴルフ』を重ねていれば、ハザードに心を乱されて打ち込んでしまう失敗は徐々に減ってきます」(山口先生)。

 実際に練習場で3つのスパットを作り、「左」「真ん中」「右」を打ち分けてみると、狙った目標に向けて真っすぐ飛ぶようになってきた。試しに、飛球線とアドレスを合わせずに3方向へ打ってみると、球筋は定まらなくなり、ミスショットが増える。今さらながら、「ゴルフの基本」を実感できた気がする。

2階の左右両端が上達への特等打席!?

 ところで、読者のみなさんは練習場を訪れた際、何を基準に打席を選んでいるだろうか。飛距離がわかりやすく、また短いアプローチ練習ができる「1階」の打席。それとも、1球でもボールをたくさん打つとの目的で、1階よりもボール代が安い「2階」や「3階」の打席。現在、記者は4つの練習場を目的によって使い分けているが、土日ともなれば「1階の中央打席」はどこも満席が常である。

 先にご紹介した「スパット」に続いて、山口先生に薦められたのが「2階」の打席を使った練習法だ。しかも、右または左の両端が「特等打席」になるそうだ。

 「1階の打席は、無意識にボールを打ち上げようとして、左肩を上げて打っていることが多い。こうした癖の蓄積を防ぐためにも、下に視界が広がる2階の打席を活用するのです。自然体で構えることができて、球筋が最も分かりやすい。打ち下ろしホールを想定した練習もできます」(山口先生)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
【写真左】2階右端の打席から「右側に林がある」と思って打つ。狙いは左の奥。右を避けようとして左を向いて構えると、体が開くため、かえって右に打ち込みやすくなる。【写真右】2階左端の打席から「左側に林がある」と思って打つ。狙いは右奥。どちらの打席も目の前や背後にネットや鉄柱が迫り、意外に気になる。記者の場合、左からの圧迫感に弱い傾向があり、クラブがネットにぶつかるような感覚になるため、どうしても腕を縮めて打ってしまうのだ。

 さらに、左右の両端の打席を選ぶのは、視覚的なプレッシャーが加わったときに、体がどんな癖を出すのかを知っておくためだという。「練習場では、目の前や背後に迫るネット、鉄柱、壁面など、視覚的に気になる要素をあえて自分に与えてみます。左右どちらの打席でミスが多くなるのか。コースの左右の危険を避けながら斜めに打つ練習にもなります」(山口先生)。

 なるほど、前回のラウンドでも、目の前に林が迫ってくるようなティーグラウンドがあったり、左側にクリーク(小川)が続くフェアウェイがあったりと、視覚的なプレッシャーがかかるホールがいくつも続いていたことを思い出した。

 ちなみに記者の場合、左端が苦手だった。スイング後にクラブが背後のネットにぶつかるイメージが出るためだ。コース上では、自分の前後左右にある「危険情報」に心を乱されないようにするためにも、普段の練習のときから自分の癖を修正しておく。「スパット」や「2階打席の両端」を活用した練習は、まさに打ちっぱなしをコースに変える方法になるのだ。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.