日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > ボウリングの基本技術でアドレスを見直す
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

ボウリングの基本技術でアドレスを見直す

第8回 練習場をコースに変える山口流メソッド その1

 池田 悟=日経Gooday

鬼編集長の業務命令で、「2年でシングルを目指す」という途方もない目標のゴルフ企画を担当することになった40代記者。ゴルフに真剣に取り組み始めてからおよそ6カ月が過ぎようとしているのに、前回、前々回と続けて「120」台の大叩きをしてしまった。今回は、これまでのミスを自己分析したうえで、ゴルフの基本である「アドレス」から見直しながら、山口信吾先生の独自の練習法に取り組むことになった。

 本音を打ち明けると、2014年が終わるまでに「100切り」を密かに目指していた。もしも、目標が果たせなかったとしても、「110」ぐらいは楽々切っているものだと思っていた。

 だが、こうした目論見は見事に外れた。それどころか、2回も続けてスコアが「120」台という結末…。連載タイトルにある「110の王」の称号すら達成できていないのが現実であった。とはいえ、信ぴょう性に欠けることは承知のうえなのだが、自分の中に「進歩の手応え」があることも事実である。

コースでミスする傾向を分析したうえで、山口信吾先生の練習法を取り入れる。まずはアドレスの見直しからスタート。
[画像のクリックで拡大表示]

 今まで続けてきた練習方法を見直すのは当然だとして、これまでのラウンドで頻発したミスを分析して仮説をいくつか立て、一つずつ検証と解決をしていかなければ上達など叶わない。そこで前回の分析(「痛恨! 再挑戦の1人ラウンドも『120』の大叩き」」)を基にしながら、山口信吾先生に伝授してもらった「練習場をコースに変える山口流メソッド」を紹介していこう。

ボウリングの「スパット」を応用して方向性を高める

 まず、最重要課題にしたのが、コースで左右に散るボールの方向性を修正することだ。その改善策には、「正しいアドレス」「クラブを替えたときの重量の変化」を意識して練習に取り組む課題を掲げた。

前回のラウンドでのひとコマ。右斜め下にある池を嫌い、ボールの飛球線は真っすぐを狙っているつもりなのに、アドレスが左に向き気味。この後、ボールは見事に左奥にある池に一直線…。
[画像のクリックで拡大表示]

 球筋が安定しないのは、アドレスをしたときに「飛球線(ボールが目標に向けて飛ぶ仮想の線)」と両肩を結ぶ線が平行になっていないことが一因だと、前回のラウンド中の写真から判明した。体が右を向けばボールは右に飛び、左ならば自然と左へ飛んで行く。見方を変えれば、ボールは「アドレスした通り」に飛んで行っているわけである。アドレスの改善は、OBの防止以前に、ゴルフの「基本のキ」の習得でもあるのだ。

 本来、飛球線とアドレスしたときの両肩を結ぶ線は、「平行」を保つことが理想だとされる。ところが、記者はアドレスがバラバラであることが多い。仮に、体が右側に8度回ったままアドレス(左肩が内側に回った状態)して打ったとしたら、真っすぐ200ヤード先を狙っていても、右方向におよそ28ヤードずれて飛んで行く計算になる(風などの気象条件や飛距離にかかわるボールの回転数を除いて計算した場合)。右に曲げるのを嫌って、手先だけでスイングを微調整すれば、今度はボールを引っ掛けたり、シャンクが出たりする。

 この課題を解決するために、山口信吾先生から伝授してもらったのが、「スパット」を使った練習法である。スパットとは、ボウリングのレーン手前に付けられた7つある三角形の印のこと。ボールを投げる地点と狙うビンを結ぶ“仮想の線”を引き、その線上にあるスパットを狙って投げるのが上達の第一歩。この練習法をゴルフでも活用するのが狙いだ。「練習場であれば、マットの左前にグリーンで『マーカー』を置いてスパットにします。コースに出たら、ボールの50cmぐらい先にあるディボット(芝が削られた跡)や落ち葉などを代わりにします」(山口先生)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
マットの左側(ボールが飛ぶ方向)に、目標から「飛球線」を引いてスパットを置く。ゴルフコースに備え付けられているプラスチック製の「マーカー」を活用するといい。

 まずは、ボールの後ろに立って「目標に向けて飛球線をイメージする」、次に「飛球線と両肩を結んだ線を平行にして構える」、「クラブのフェイスを飛球線と垂直になるようにボールの右側にセットする」という一連のルーティンを終えたら、スパットに集中して打つ。

次ページ
「1球ずつ『あの目標に向かって打つ!』と自分に言い聞かせることが大切です。ゴルフのショットは、ハザード(池やバンカーなど)や林を意識すると、不思議とそこに打ち込んでしまうものです。ティーグラウンドがそもそもOB方向に向いているホールもあります。構えに入ったら、スパットの助けを借りながら、1球ごとに異なる目標に向かって打つ練習を繰り返しましょう。練習場でもコースでも打球の方向性が良くなってきます。『スパットゴルフ』を重ねていれば、ハザードに心を乱されて打ち込んでしまう失敗は徐々に減ってきます」(山口先生)。実際に練習場で3つのスパットを作り、「左」「真ん中」「右」を打ち分けてみると、狙った目標に向けて真っすぐ飛ぶようになってきた。試しに、飛球線とアドレスを合わせずに3方向へ打ってみると、球筋は定まらなくなり、ミスショットが増える。今さらながら、「ゴルフの基本」を実感できた気がする。2階の左右両端が上達への特等打席!?ところで、読者のみなさんは練習場を訪れた際、何を基準に打席を選んでいるだろうか。飛距離がわかりやすく、また短いアプローチ練習ができる「1階」の打席。それとも、1球でもボールをたくさん打つとの目的で、1階よりもボール代が安い「2階」や「3階」の打席。現在、記者は4つの練習場を目的によって使い分けているが、土日ともなれば「1階の中央打席」はどこも満席が常である。先にご紹介した「スパット」に続いて、山口先生に薦められたのが「2階」の打席を使った練習法だ。しかも、右または左の両端が「特等打席」になるそうだ。「1階の打席は、無意識にボールを打ち上げようとして、左肩を上げて打っていることが多い。こうした癖の蓄積を防ぐためにも、下に視界が広がる2階の打席を活用するのです。自然体で構えることができて、球筋が最も分かりやすい。打ち下ろしホールを想定した練習もできます」(山口先生)。さらに、左右の両端の打席を選ぶのは、視覚的なプレッシャーが加わったときに、体がどんな癖を出すのかを知っておくためだという。「練習場では、目の前や背後に迫るネット、鉄柱、壁面など、視覚的に気になる要素をあえて自分に与えてみます。左右どちらの打席でミスが多くなるのか。コースの左右の危険を避けながら斜めに打つ練習にもなります」(山口先生)。なるほど、前回のラウンドでも、目の前に林が迫ってくるようなティーグラウンドがあったり、左側にクリーク(小川)が続くフェアウェイがあったりと、視覚的なプレッシャーがかかるホールがいくつも続いていたことを思い出した。ちなみに記者の場合、左端が苦手だった。スイング後にクラブが背後のネットにぶつかるイメージが出るためだ。コース上では、自分の前後左右にある「危険情報」に心を乱されないようにするためにも、普段の練習のときから自分の癖を修正しておく。「スパット」や「2階打席の両端」を活用した練習は、まさに打ちっぱなしをコースに変える方法になるのだ。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.