日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 2016年に暗雲!?打ち納めゴルフでスコア103の悪夢
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

2016年に暗雲!?打ち納めゴルフでスコア103の悪夢

第22回…ダブルパー、4パット、ギブアップ…負の連鎖を断つ秘策メモ 

 池田 悟

鬼編集長の業務命令で、「2年でシングルを目指す」という途方もない目標のゴルフ企画を担当することになった40代記者。連載もいよいよ2年目を迎えて、スコアアップを目指すラウンド術の実践することになった。昨年12月のプライベート・ラウンドでは、スコアで「84」の自己最高を更新した一方で、打ち納めで「100叩き」の惨たんたる結果をつきつけられた。今回は、ゴルフにおける「精神力」、心のマネジメントについてご紹介しよう。

 旧年12月にラウンドした2回のゴルフは、新たに迎えた2016年の記者の行方を暗示する、いや、この連載「月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!」の七転八倒ぶりを表すような結果であった。

「天国と地獄」

 この一言に勝る言葉は思いつかない。まさしくゴルフの“面白さ”と“恐ろしさ”を一度に味わった1カ月となった。

 先にお伝えした言葉の順番通りに、まずは「天国」が訪れた。12月5日・土曜のラウンドでのこと。自己最高のスコアを記録した。

12月上旬のラウンドは自己最高のスコアを記録。いよいよ70台が見えてきたと思いきや…。(写真は西宮高原ゴルフ倶楽部)

 IN43+OUT41=スコア84!!!

(皐月ゴルフ倶楽部 鹿沼コース 南・東コース6253ヤード)

「まだまだ伸びしろがあるぞ!!」

 当日のドライバーショットは、前々回にご紹介した「魔法のルーティン」効果(関連記事:「気持ちは五郎丸選手! OBを防ぐ魔法のルーティン」)のおかげか、ほぼノーミスで終えた。パー4のホールでは、「パーオン2パット」のペースを続けながら、グリーンに届かなかったホールはアプローチショットが冴えて“寄せワン”で上がるいいリズムで回れた(前半15パット、後半16パット)。

 この連載で指導をお願いしているゴルフ作家・山口信吾先生の「ゴルフはアプローチ!」という助言を胸に、「50~100ヤードのアプローチを3m以内に寄せる」「8IとAW(アプローチウェッジ)で10~30ヤードをピッタリ寄せる」を練習の要として取り組んできた成果を実感できた(関連記事:「 アプローチショットの練習が上達の早道になる!」)。3回もバーディチャンスを逃したことは“ご愛敬”だとして、旗竿(ピン)にボールが直撃する「あわやカップイン!」のアプローチも2回あった。以前、奇跡的にハーフで39台を出したこと(関連記事:『リスク回避の3つの決め事で「ハーフ39」の奇跡!』)よりも、前後半ともに40前半のスコアでまとめられたことの方がうれしかった。

 「まだまだ伸びしろがあるぞ!!

 と、シングルスコアの70台まで「あと5打」まで迫る結果(ただし、まだ白ティーからではあるが)に、まさに「天国」にいる気分を味わった1日だった。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.