日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 2016年に暗雲!?打ち納めゴルフでスコア103の悪夢  > 4ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

2016年に暗雲!?打ち納めゴルフでスコア103の悪夢

第22回…ダブルパー、4パット、ギブアップ…負の連鎖を断つ秘策メモ 

 池田 悟

ホール設計者の術中にはまった訳

 年が明けて間もなく、「感想戦」の一環として、ラウンドノートを開いて直近のスコアカードを見直していると、ハタと気づいたことが2つある。まずは、スタートホールで「パー」を取れたラウンドよりも、「ボギー」だったときの方が「総じてスコアが良い」ことがわかった。これは恐らく、最初のつまずきから、その後は「用心深く行こう」「丁寧に打とう」とする心理が働くからだと考えられる。

 もう一つは、スコアカードの横に示される「ハンデ」の数字が小さいホールほど、ダブルボギーやトリプルを叩いていることが多いことが分かった。これまでラウンドしたコースを思い起こせば、ハンデが1や2、3といったコースは、きついドッグレッグや急なアップダウン、狭いフェアウェイや難しいグリーンなど、“曲者揃い”であることが多い。

ラウンドが進むにつれて、体の回旋が不足して「クラブを振り切る」ことを忘れてしまう癖があるようだ。左写真は、ラウンド中にドライバーをOBしたときのフィニッシュ。右写真は、打ち直しでしっかり振り切ったときのフィニッシュ。違いが一目瞭然だ。

 つまり、難しいホール設定をスコアカードが教えてくれているにもかかわらず、無警戒のままで「まんまと罠にはまった」という可能性が大きいともいえるのだ。それを証拠に、先にお伝えした打ち納めで100を叩いたラウンドでは、4パットをしたパー3は「ハンデ2」、続くギブアップのパー4は「ハンデ1」のホール。「落胆した後にトドメを刺された」とでも言えるような、ホール設計者の術中にはまった訳である。

 「心(精神)」があっても「技(基本)」が伴わなければ上達は望めない。「技」があっても、「心」がなければスコアにならない。いわんや、心と技とともに、18ホールを乗り越える「体(体力)」がなければゴルフにならない。

 まさしく、ゴルフが「心技体を求められる究極のゲーム」だと言われる所以である。

 「落ちるところまで落ちたら、後は登るだけ

 と、心を入れ替えて、2016年は前に突き進もう。さてはて、「打ち初め」は「吉」と出るか、「凶」となるか。

 本年も引き続き、ご声援のほど、よろしくお願いします。

(写真:水野浩志)

山口信吾(やまぐち しんご)さん
ゴルフ作家
山口信吾(やまぐち しんご)さん 1943年生まれ。九州大学工学部を卒業後、同大学院を修了。69年に竹中工務店に入社。72年にハーバード大学大学院を修了後、シカゴの大手設計事務所に勤務。75年に帰国し、竹中工務店に復帰。43歳からゴルフを始め、還暦を前に一念発起し、独自の練習法によって2年でシングルを達成した。ベストハンデキャップ8。新聞および雑誌に寄稿多数、ゴルフの著作は14冊にものぼる。現在、「WEBRONZA」(朝日新聞社)において、『ゴルフがある喜びと幸せ』を連載中。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.