日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 2016年に暗雲!?打ち納めゴルフでスコア103の悪夢  > 3ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

2016年に暗雲!?打ち納めゴルフでスコア103の悪夢

第22回…ダブルパー、4パット、ギブアップ…負の連鎖を断つ秘策メモ 

 池田 悟

記者「あります! 当日はスタートホールでパー、次をボギーで上がった、3ホール目のパー3でのことです。自信を持って打ったショットが、距離をオーバーして凍ったグリーンの最上段に乗ってしまい、15m近い下りから4パットしたことを引きずりました。挽回しようと意気込んだ次のホールでは、ティーショットをトップチョロして、ハザードに入れてしまい、2打目が岩に当たって後退、3打目は木に当たってまた後退、4打目がトップ、5打目が池…と、結局、ギブアップホールになってしまいました。2打目の状況から、『ダブルボギーでいい』と気を取り直して、素直に真横を向いてボールをフェアウェイに戻さなかったことが招いた結果です。それからは、気分がジェットコースターのように一喜一憂が激しくなりました」

山口先生「今まで取り組んできたマネジメントのミスですね。1つのミスから、ショットが狂い出すことはよくあることです。ですが、それを修正しようとしてスイングを調整しはじめると、ますます収拾がつかなくなる。そういった感じでしょうか」

記者「おっしゃる通りです。当日はパーでスタートできたので、『今日も80台が出せる』との欲が出たのだと思います。前半でギブアップしたホールはあっても、スコアは『50』だったので、後半は『42で回る!』と根拠のない宣言を周囲にしたものですから、かえって力みが取れなくなりました。ティーショットが悪いと、2打目、3打目、パットまでどんどん力が入る。結局、何も出来ずに1日が終わったというのが正直なところです」

「ラウンドに入る前の練習のときから『その日の心がけ』を決めて、スコアカードの片隅に書いておきます」(山口先生)
[画像のクリックで拡大表示]

山口先生「それはそれで、いい教訓になったのではないでしょうか。先にお伝えしたように、ゴルフは全ホールで好調が続くことはほとんどありません。ドライバーは好調なのにパットはダメ、アイアンがどうしても左に引っかかるといったことが必ず起こります。ですから私は、ラウンドに入る前の練習のときから『その日の心がけ』を決めて、スコアカードの片隅に書いておきます。主に『両足を踏ん張る』『肩を地面と平行に回す』『ゆったり振る』『振り切る』『肩とクラブを同調させる』の5つ。もちろん、これらをすべて行うのは難しいので、1つか2つを前半と後半のホールで『戒め』としておくのです」

記者「どれも今まで先生に指導していただいた基本動作ばかりですね。たしかに、練習場でやらなかったことを試みて状況をさらに悪化させるより、普段取り組んでいることを早く取り戻す方がいい訳ですね。スコアカードに、当日の心がけを記載しておくというのは、いい『おまじない』にもなりそうです」

山口先生「以前のラウンドで、『フェアウェイの右を狙う』『ドライバーは振り切る』といったチェックポイントを声に出してから打ったことがありましたね。すると面白いとに、ナイスショットを連発していました。あの時と同じイメージを心がけられるように、スコアカードに記しておくわけです。特に上がりの3ホールは、スコアを気にしたり、反対に、体力が消耗して体が硬くなっていることに気づかなかったりして、“大叩き”をすることが少なくありません。通例として、最後の3ホールは『難しいレイアウト』に設計されていることが多いためでもあります。崩れる前に防ぐことが理想ですが、ミスしたら『おまじない』を見て、平静を取り戻すように心がける。これもラウンド中のルーティンの一つとして取り入れるといいでしょう」

記者「まさしく、メンタルがゴルフに大きく関わる要因でもあるわけですね」

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.