日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 2016年に暗雲!?打ち納めゴルフでスコア103の悪夢  > 2ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

2016年に暗雲!?打ち納めゴルフでスコア103の悪夢

第22回…ダブルパー、4パット、ギブアップ…負の連鎖を断つ秘策メモ 

 池田 悟

なんと、100を叩いてしまった…

 しかし。問題なのは、これから綴る「地獄」のほうである。

 読者の皆さまには包み隠さずお伝えするのがこの連載の使命であるから、結論から先に申し上げよう。

 IN50+OUT53=スコア103!!!

(奈良若草カントリークラブ パー72 若草コース、生駒コース 6435ヤード)

 なんと、100を叩いてしまったのである。

 「初コースに弱い」「全ホール、ポテトチップスグリーン(*1)」「風邪気味で体が動かない」「この冬一番の冷え込み」「クラブを握ったのが3週間ぶり」…云々。言い訳の材料はいくらでもあるのだが、記者が「風邪気味」だったことを除けば、一緒にラウンドしたプレーヤーも同じ条件である。つまり、「80台を出せても、100も叩く」という結果は、

「まだ本当の力がついていない」

 ことを示す教訓である。前後半のどちらかで大崩れをした訳ではなく、どちらも50台というショッキングな「打ち納めゴルフ」の結果に、風邪を一段とひどくこじらせ、貴重な正月休みを布団の中で過ごす羽目となった。

自己最高記録を更新したわずか3週間後に、2015年の打ち納めゴルフでは「103」を叩く結果に。(写真は西宮高原ゴルフ倶楽部)

 3週間前にベストスコアを更新した勢いはどこへやら…。ドライバーショットは「曲がる」「引っかける」「チョロ」をする。生命線だと肝に銘じたアイアンショットは、アプローチの距離が合わないを連発。加えて、強烈なうねりのあるポテトチップスグリーンは、ピンをオーバーしたり横につけたりしようものならば、パーオンしても3パット、4パットという惨たんたるホールもあった。とどめはパー4のホールで、ギブアップの「12打」を宣言する始末。まるで第一関門の「スコア100」を切れずにもがく、1年前の記者の姿そのものであった。

 気を取り直して臨んだ後半戦は、前半戦よりもひどい「負のスパイラル」が待っていた。一打ごとに一喜一憂しながらも、やることなすことが悪い方向に出る。「メンタルスポーツ」だと譬えられるゴルフで、記者がどれほど

弱い=ヘタレ

 であるかをまざまざと知らされた1日となった。

*1)アンジュレーション(うねり)が大きく、芝目が複雑なグリーンのこと。ポテトチップスのような形状に似ていることから、このように例えられる。ラインが読みにくく、パットに手こずるため、非常に難しい。

『その日の心がけ』を決めてスコアカードにメモ

 この連載の撮影で山口先生とラウンドしたときにも、先生自身の調子がとてもよくないことはしばしばあった。ドライバーを曲げたり、アイアンを打ち損なったりすることもあるのだが、シングルプレーヤーである山口先生は悪くても85前後でスコアをまとめていく。もちろん、叩いても「90台」になることはない。ボロボロになって行く記者との違いは、「技術力」にもまして「精神力」の差なのだろうか。

山口先生5時間もかけて18ホールを回る長丁場のゴルフは、最初から最後まで好調ということはまずあまりせん。例えば、『短いパットを外した』『どうも体が動かない』といったことをきっかけに、調子が悪くなることはよくあることです。何か思い当たることはありませんか」

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.