日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 痛恨! 再挑戦の1人ラウンドも「120」の大叩き  > 4ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

痛恨! 再挑戦の1人ラウンドも「120」の大叩き

第7回 スコア比較でミスを起こす原因をやっとつかんだ!?

 池田 悟=日経Gooday

「太平洋クラブ成田コース」の名物ホールの1つ、15番ホールの「アーメンコーナー」にあるクリーク(小川)に見事にはまってしまった。当日のラウンドを象徴するようなひとコマ。
[画像のクリックで拡大表示]

 このように、1日のラウンドを振り返りながら、前回、前々回のラウンドでのミスをつき合わせていくと、ほぼ同じような状況で同じミスを繰り返していることが改めて浮き彫りになったわけだ。

 練習場ではそこそこうまく打てるようになってきたが、本コースで同じように打てなくなるのは、まずはアドレスのまずさに加えて、つま先の上がり下がり、左足の上がり下がりなどの身体バランスを崩すライの影響が1つ。

 そして次に、1打ごとに「長さ」も「重さ」も違うクラブを無意識で振り続けてきた蓄積が、「林」「池」「バンカー」「傾斜」、OBを示す「白杭」といったコース内にある視覚的、心理的な要素が引き金となり、10打も叩く「暴発」を起こす原因になっているものだと思われる。

 ゴルフは、ドライバーで200m以上もボールを飛ばす1打からパターで1m先のカップに入れる1打まで、14本のクラブを使い分けながらスコアを競うスポーツである。しかも同じコースを回ったとしても、天候や季節が同じだとは限らないし、ラウンド中でも気象条件が刻々と変わっていく日もある。いやはや、恐ろしく難しいスポーツであることを改めて痛感したのと同時に、自己分析をもとに立てた仮説を確かめるためには、練習場でもラウンドしている想定をしながら1打ずつ丁寧に打つように意識をしなければならないわけだ。

多くの人が「計画」と「実行」ばかり繰り返す

 この日のラウンドを振り返り、自己分析したポイントを山口先生に報告すると、次のようなアドバイスが送られてきた。

まだまだ「110の王」にも至らない“ヘタレ”ですが、本年も引き続きご声援のほど、よろしくお願いします。
[画像のクリックで拡大表示]

 「次回のラウンドでは、その課題を私と共有しながら、問題が出たらそこで潰していきましょう。私は、ゴルフの上達にはPDCA(Plan、Do、Check、Action)サイクルを使いながら、課題を達成したり、解決したりして行くことが欠かせないと考えています。ですが、多くのゴルファーはPlan(計画)とDo(実行)を繰り返してばかりで、肝心なCheck(評価)と次に向けたAction(改善)が抜け落ちています。ご自身のチェックで立てた仮説は、私の練習法を使いながらActionにつなげていってください」

 今回のラウンドも決して満足行くものではなかったが、これまで点になって散らばっていた課題が、少しずつ線としてつながりはじめ、難問を解決するためのかすかな手ごたえをつかんだ感覚がある。

 「100を切ったら長いトンネルの先に明かりが見えてきます。今年は一気に90切りを目指しましょう!」(山口先生)

 いや~、それにしても冬の1人ゴルフは本当に寒かった…。

 

太平洋クラブ 成田コース 酒見寛人支配人

 東京都心から約60分というアクセスのよさに加えて、成田空港からも車で20分の距離ですので、外国人ゴルファーにもたくさんご来場頂いております。女性ゴルファーもおよそ2割と高い割合です。コースがある千葉県成田市は、関東圏の中でも温暖な地域でもあり、特に冬シーズンは雪の心配がほとんどありません。

 コースは、かのグランドスラマーであるゲーリー・プレーヤー氏が設計した国際レベルの戦略性の高さが特徴です。クリークやバンカーが巧みに配され、アンジュレーションも効いているため、「いいショットにはご褒美が」「ミスするとケガしやすい」というコースだと思います。特に13番、14番、15番は、「アーメンコーナー」と呼んでいるクリークが配された名物ホールです。ぜひ、攻略してみてください。すべてのゴルファーに心地よくプレーして頂けるよう、私どもスタッフ一同、おもてなしの心と笑顔で、皆様のご来場をお待ちしております。

次回は、「練習場をコースに変える目からウロコの練習法」をご紹介する予定です。ぜひ、ご覧ください。

(写真:相田克己)

山口信吾(やまぐち しんご)さん
ゴルフ作家
山口信吾(やまぐち しんご)さん 1943年生まれ。九州大学工学部を卒業後、同大学院を修了。69年に竹中工務店に入社。72年にハーバード大学大学院を修了後、シカゴの大手設計事務所に勤務。75年に帰国し、竹中工務店に復帰。43歳からゴルフを始め、還暦を前に一念発起し、独自の練習法によって2年でシングルを達成した。ベストハンデキャップ8。新聞および雑誌に寄稿多数、ゴルフの著作は14冊にものぼる。
 
撮影協力
太平洋クラブ 成田コース
衣装/ウィンドジャケット1万4040円(ホワイト)、パンツ(グレー)1万800円、ベルト1万260円(ホワイト)。以上すべてアンダーアーマー

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.