日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 痛恨! 再挑戦の1人ラウンドも「120」の大叩き  > 2ページ
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

痛恨! 再挑戦の1人ラウンドも「120」の大叩き

第7回 スコア比較でミスを起こす原因をやっとつかんだ!?

 池田 悟=日経Gooday

異なるコースだから気が付いた大叩きを起こす共通点

 話しをどんどん進めて行こう。まずは新年のごあいさつを兼ねて、お約束(?)のご報告をせねばなるまい。

 今回のスコアは堂々の、「120」!

スタート後の5~7ホール目に飛び出す10打、9打の大叩き。打ち上げのホールでミスしていることが多かった。
[画像のクリックで拡大表示]

 前回のスコア(124)が納得できないからと強行したラウンドだったのに、わずか4つしかスコアが縮められない結果となった。


 

 たしかに、初めて訪れる「難しいコース」であったこと、その日は「とても風が強くて冷え込んだ」こと、スタート時間が遅かったためにラスト4ホールは「日没が気がかりだった」こと…などなど、言い訳になる要素はたくさんある。加えて、「東北地方で育ったのに寒さにチョ~弱い」という情けない“ヘタレ” ぶりが、初体験の冬ゴルフにおいて発揮されてしまった面もある。

 ゴルフが業務命令でなければ、きっとクラブを再び封印していただろう。がしかし、前回(スコア124)と今回(同120)のスコアカードをつぶさに比較してみると、大きくスコアを崩すときのホールの傾向やショットに共通点があることに、ふと気が付いたのである。

■打ち上げホールの2打、3打目でミスすることが多い。フェアウェイウッドやユーティリティーは左に引っ掛け、アイアンは「スライス(右曲がり)」か「トップ(ボールの上側を叩く)」。

■パー3でのティーショットのミスは、決まってアイアンの「シャンク(右に出る)」または「どスライス」。

■グリーンでの3パットは、ピン奥からの下りラインでオーバーし、返しの上りラインで2パットを頻発している。

 山口先生とラウンドしたときに繰り返した大ダフリは2回に減った代わりに、球筋が右へ左へと安定しなかったのは、まずは「アドレス(ボールの後ろにクラブヘッドを置いて構えること)」したときの肩のラインを「飛球線(ボールが打ち出される方向)」と平行にするという基本ができてないからだと推測される(下写真)。

アドレスが右に向いている
アドレスがやや右に向いている。構えたときのグリップの位置も体に近すぎる。この後のティーショットは見事に右一直線に飛んでいった…。
[画像のクリックで拡大表示]
アドレスが左に向いている
狭いティーグラウンド上で、正面に迫る林(写真の枠外の右側にある)の威圧感を避けるように、アドレスの向きが明らかに左向きになっている。ドライバーで左の林へ一直線のOBを連発…。
[画像のクリックで拡大表示]

 次に、大叩きをやらかすのは5~7ホール目に多く、ほとんどが「打ち上げ」ホールに集中していた。振り返るに、クラブを構えた時点で左肩が大きく上がり過ぎ(あるいは右肩が大きく下がり過ぎ)で、すくい上げるようにクラブを振っているのかもしれない。また左足上がりのライで、右脚一本を重心にする意識でスイングしている(右利きの場合)と、軽いフェアウェイウッドでは左に引っ掛ける一方、重いアイアンだとトップが出てしまう。これは山口先生からもよく指摘があるように、腰の回転が不十分であるため、右手主導の「手打ち」になっているからだと思われる。

 ちなみに、こうした大ミスは「打ち下ろし」ホールではあまり起こらない。例えば、第1打目のドライバーでは250ヤード越えのショットが一直線に飛んで行くし、フェアウェイウッドでも、アイアンでも、ボールは比較的真っすぐに飛んで行く。こうした違いは恐らく、打ち下ろしであれば「前方斜め下」に狙いを定めていることで、左肩の上がり過ぎが自然と防がれるためだと考えられる。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.