日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!  > 痛恨! 再挑戦の1人ラウンドも「120」の大叩き
印刷

月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

痛恨! 再挑戦の1人ラウンドも「120」の大叩き

第7回 スコア比較でミスを起こす原因をやっとつかんだ!?

 池田 悟=日経Gooday

鬼編集長の業務命令で、「2年でシングルを目指す」という途方もない目標のゴルフ企画を担当することになった40代記者。前回、山口信吾先生との打ち納めラウンドでなんと「124」も大叩きしてしまった悔しさを晴らすべく、年も押し迫った12月26日に再度リベンジラウンドを強行。今回は舞台を変えて、都心からも近い千葉県の名門コースに決死の覚悟で向かったが…

 「舌の根も乾かぬうちに…」とは、まさしく次のようなことを指すに違いあるまい。

 前回の記事で打ち納めをしたと書いたはずなのに、新年に向けて誓い新たに練習に励むと決めたはずなのに…。

 今回お届けするはずだった「練習場をコースに変える目からウロコの練習法」を急きょ、変更することをお許し願いたい。前回のラウンドにどうしても納得がいかず、年の瀬も押し迫った旧年12月26日に、再リベンジ!? を強行したというのがその理由である。世間では仕事納めに当たるその日、カメラマンを説得し、ゴルフコースに懇願し、ラウンドを敢行したのだ。

世間では仕事納めに当たる12月26日に、「武者修行」と称して1人ラウンドを強行。ときおり風速10m近くの風が吹き荒れ、力なく上がったボールだと見事に流されるコンディションだった。
[画像のクリックで拡大表示]

 「あんたのスコアより、山口信吾先生の練習法を知りたいゾ!」といったお叱りの声が寄せられることは重々覚悟のうえだが、これも世のため笑いのため…。いや、上達の手応えをなかなかつかめずにつらい思いをしている初心者・初級者のため、この連載をご愛読くださるベテランゴルファーも、達人ゴルファーも、どうかご容赦頂きたい。

冬の武者修行!? 名門コースを1人でラウンド

 実は冬にコースを回るのは初めての体験である。仕事納めの日というのは、打ち納めを兼ねたコンペが意外に多く、ゴルフ場はそこそこ混み合うそうだ。

 そんな事情をつゆとも知らない記者の撮影依頼に快く応じてくれたのが、「太平洋クラブ 成田コース」だった。ゴルフ通ならば知らない人はいないであろう、名門クラブに数えられる1つ。全国で17のコースを運営する中には、男子プロゴルフツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」が開催される御殿場コース(静岡県)を筆頭に、「2015年 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」の江南コース(埼玉県)、男子シニアゴルフツアー「マルハンカップ 太平洋クラブシニア」の六甲コース(兵庫県)などがあり、どこもゴルファーたち憧れの名コースである。基本的にはクラブメンバーの紹介・同伴でのラウンドのみにはなるが、ネットを使った一般的なゴルフ場予約サイトなどでも、ビジター予約を受け付けてくれる日もある。機会があれば何度も挑みたいコースばかりだ。もちろん、腕が伴えばの話ではあるが…。

 そんな名門コースなのに、ラウンドしたのは山口信吾先生とではなく、旧知のゴル友とでもなく、いわんや会社の仲間でもない。なんと、記者1人でラウンドする「武者修行」のわがままを特別に許可してもらったのだ。

 これぞまさしく、太平洋ひとりぼっちラウンド! だったのである。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.