日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!  > 体幹の三大筋肉を目覚めさせる「体幹エクササイズ」【腹筋パワーアップ】
印刷

金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!

体幹の三大筋肉を目覚めさせる「体幹エクササイズ」【腹筋パワーアップ】

長く歩いても疲れにくい体幹を作る

 高島三幸=ライター

 ウォーキングを始める前のウォーミングアップとして実践する「体幹エクササイズ」。前回に引き続き、背中・お腹・お尻にある体幹の三大筋肉の働きを目覚めさせる2つ目のエクササイズを紹介していく。

 前回はスムーズな腕振りにつながる「肩甲骨周り」のエクササイズを紹介したが、今回はウォーキングの際に最も大切な「腹筋」の動きを良くするエクササイズを紹介したい。

 「腹筋は体幹を使ったウォーキングに最も大切な筋肉です。一方で、現代人に最も不足している体幹の筋肉も腹筋。意識して使わないと、どんどん衰えてきます」と金哲彦さんは言う。また、「腹筋がスムーズに動くようになれば、体幹が安定してくるため、無駄な動きが減って歩きやすくなり、長く歩いても疲れにくくなります」(金さん)。日ごろ使わない腹筋に刺激を与え、働きを目覚めさせてからウォーキングを始めよう。

 金さんがまず紹介してくれたのは「腹筋パワーアップ」というエクササイズ。といっても、あお向けの姿勢で腹筋を使って上体を起こす筋トレのように負荷をかけて筋力アップを目指すのではない。壁などを使って傾けた自分の体を支えることで、腹筋に適度な刺激を与えるのが目的だ。

 まずは、壁(屋外では木などを使ってもいい)から40~50cm程度離れて真っすぐ立つ。足は肩幅に開き、両手を壁に付ける(写真1)。次に腕立て伏せの要領で、両肘をゆっくり曲げて顔を壁に近づける(写真2)。この時、「背中が反ったり、丸くなったりしないように、上半身と下半身が真っすぐになるようキープしてください」(金さん)。その状態で8つ数えたらゆっくりと腕を伸ばして、スタートの姿勢に戻る。これを2~3回繰り返す。

写真1、2◎ 腹筋を目覚めさせるエクササイズ
(1) 壁の前に40~50㎝ほど離れて、足を軽く開いて真っすぐ立つ。姿勢を真っすぐに保ったまま、両手を壁につける。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)腕立て伏せのように、両肘をゆっくりと曲げる。この時、背中を反らしたり、丸めたり、あるいはお尻が突き出たりしていないかを確認。肘を曲げた状態で8つ数えて、(1)の姿勢に戻す。
[画像のクリックで拡大表示]

 ここでよくあるNG例は、肘を曲げて体重をかけた時に、背骨が反ったり、丸まったりしてしまうことだ(写真3)。これは普段から猫背気味の人に多く見られるという。「背骨を真っすぐに保てないのは、腹筋が弱く、力が入っていない証拠。反りやすかったり、丸まったりしてしまう人は、肘を曲げた時にお腹をへこませるように意識しながら腹筋に力を入れてみましょう」(金さん)。このように腹筋を意識しながら、背すじを真っすぐに保つように意識するといい。

写真3◎ 腰を曲げてしまったNG例
肘を曲げた時に腰を反ったり、曲げたりしてはいけない。お腹をへこませるように意識しながら腹筋に力を入れると修正できる。
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.